函館市病院局Top
ごあいさつ
   
 

 前任の井上芳郎局長に替わりまして、平成22年4月1日より病院局長を拝命された吉川修身でございます。
平成20年4月より公立病院改革プランに基づく病院事業の改革事業が行われているわけですが、市立函館病院の院長としてこの改革プランを実行してきた経緯もあり、今年度より病院局長として改めて心を引き締め市立函館病院、市立函館恵山病院、市立函館南茅部病院3病院事業の経営改善に向けて立ち向かう所存でございます。
 現在、自治体病院のおかれている医療環境には、診療報酬の絶対的不足や不採算部門の引き受け、看護師不足に伴う入院単価の引き下げ、医師不足等多くの外的要因を抱えていますが、われわれにまず出来ることは、各病院の内的な機構改革による経営改善を目指すことであります。そのためには、高コスト体質の改善と医療の質の改善、そして患者さんにとって分かりやすい医療の提供と地域におけるニーズに見合う医療の提供が、経営改善に大きく寄与するものと信じており、それを今後とも実施してゆきたいと思っております。
 勿論、それに加えて、外的要因に対してもあきらめることなく、果敢に立ち向かいます。井上前局長のご努力で看護師定員枠を拡げていただいたことに応えるべく、看護師の確保に努め、医師不足にも、あらゆる機会を生かして医師の確保を推し進めます。また当院で働く医師・看護師の労働環境の改善には、院長時代より様々な対策を講じて参りましたが、情報の共有化を図るシステムの導入に力を入れることなどを通じて、医師と看護師の協働関係を良くすることで業務の軽減を図ると共に、経営に寄与できる体制作りをしたいと思っております。
 今後とも、自治体病院としての、本分である、地域住民の方々に最良の医療を提供するという基本を維持しつつ、健全な経営に努めていく所存でありますので、よろしく住民の皆様のご支援を頂きたいと思います。

Copyright (C) 2010 hakodateshibyoinkyoku