病院局トップ病院局について>市立函館恵山病院


恵山地域(旧恵山町)は北海道渡島半島の東南端,函館市街地から東へ40キロに,活火山「恵山」をシンボルとした人口約3,600人の水産と観光を主産業とする地域です。
ここにある市立函館恵山病院は,昭和36年(1961年)に尻岸内村立国保病院として創設され,本年で48年を迎えている。昭和56年には救急病院として告示され,平成14年度には現在地(日ノ浜町)に移転新築し,平成16年に市町村合併により,市立函館恵山病院となった。
患者は,恵山地域を中心に,椴法華地域(旧椴法華村人口約1,200人)や戸井地域(旧戸井町人口約3,200人)から,年間約3万8千人を受け入れており,3地域における中核病院の役割を果たしている。
函館市日ノ浜町15番地1 電話0138-85-2001


Copyright (C) 2012 hakodateshibyoinkyoku