病院について 市立病院の取組み> DMAT・院内BLS・院内ICLS

院内BLS

BLS/AEDコースについて

1.BLS(Basic Life Support)とは、救命処置のうち特殊な器具や医薬品を使用せずに行う心肺蘇生法の事を1次救命処置といいます。
つまり倒れている人を見つけたときに、最初に行うべきことがBLS なのです。基本として行う事は、意識、呼吸の有無、循環(心臓が動いているか)を確認し、必要時以下の2点を行います。
・人工呼吸
・胸骨圧迫心臓マッサージ


2.AEDとは半自動式除細動器の事です。

・心室細動
心臓に異常をきたし、心室細動という不整脈が出現する事があります。
心臓は動いていますが、無秩序に震えているだけで、全身に血液を送るポンプ機能はほぼ働かなくなります。そのまま何もしなければ、心静止となり、心臓の動きは止まってしまいます。
・心室頻拍
心室頻拍とは、心臓の心室という部分が非常に速いリズムで収縮を繰り返す不整脈です。そのため、心臓の機能が著しく低下します。
心室頻拍には、心臓のポンプ機能が保たれている場合、失われている場合があります。ポンプ機能が失われると血圧は大幅に低下し、脈拍が触れなくなります。何もしなければ、心室細動に移行する可能性が高いです。

これらの不整脈を治療できるのが電気的除細動いわゆる電気ショックです。これを半自動で行う装置がAEDであり、一般の方でも講習会を受講する事で使用する事ができるようになります。


コース概要

意識がない人への対応方法、BLSの知識と技術、AEDの使用方法等を3時間かけ学びます。
市立函館病院BLS/AEDコースは2005年11月から年間9回のペースで開催しており、2007年2月現在全12回、受講者総数は190名に上っています。

市立函館病院のBLS/AEDコースの受講対象者は全ての医療スタッフであり、よりレベルの高い心肺蘇生技術及び知識の習得を目指しています。
来院して頂いた皆様の安全を確保し、安心して来院頂けるようこれからも心肺蘇生法の普及、習得に努めていく方針です。


写真で見る BLSコース風景

BVMスキル

 

BLSデモンストレーション

 

BVMスキル

 

BVMインスト

 

あなた目の前で突然人が倒れてしまいました

 

心マと換気は30:2