病院について 市立病院の取組み医療安全の取り組み > 医療事故等報告の公表基準


医療事故等報告の公表基準

1 目的

 市立函館病院は,院内において発生し、報告された医療事故等について,住民に情報提供を行うことにより,医療の透明性を高めると共に,住民から信頼され安心して医療を受けられる環境作りと安全管理体制の向上を図ることを目的として,医療事故等の公表基準を定める。


2 用語の定義

(1) 医療事故等
医療の全過程において発生した望ましくない事象で、以下の場合を含む。
 なお、医療従事者の過誤,過失の有無は問わず、不可抗力と思われる事象も含む。
 ア.患者に症状の悪化等の身体的被害および苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合
 イ. 患者のみでなく、医療従事者に被害が生じた場合


3 医療事故等のレベル基準

レベル 0 実施される前に気づいた場合
(エラーや医薬品・医療用具の不具合が見られたが,実施されなかった)

レベル 1 間違ったことが実施されたが,患者への実害はない場合
(何らかの影響を与えた可能性は否定できない)

レベル 2 観察の強化,バイタルサインの軽度変化,
安全確認のための検査の必要性が生じた場合

レベル 3a 簡単な処置や治療を要した場合
(消毒,湿布,皮膚の縫合,鎮痛剤の投与,カテーテルの自己抜去など)

レベル 3b 濃厚な処置や治療を要した場合
(バイタルサインの高度変化,人工呼吸器の装着,手術に至った,入院日数の延長等)

レベル 4 障害が残った場合

レベル 5 死亡(原疾患の自然経過によるものを除く)


4 公表の内容

 市立函館病院の医療安全に関する委員会(以下,「委員会」という。)における審議結果を踏まえ,医療事故等はレベル別件数及び内容別件数を一括して公表する。


5 公表の時期

 当該年度1年分を一括して,原則,翌年度の6月に公表する。


6 その他

この基準の運用においての必要な事項は別に委員会で定める。


附則  この基準は,平成22年12月1日から適用する。