病院について > 輸血療法拒否に対する当院の方針


輸血療法拒否に対する当院の方針

【当院の方針】
  • 当院は道南3次医療圏に暮らす住民の健康と生命を守る立場を課せられている、医療機関です。そして救命救急センター、血液内科、心臓血管外科など、治療過程において輸血療法が伴う診療科目が多数存在します。
  • 輸血療法なしには患者さんの生命を守ることができない事例が少なからず発生する当院の立場として、また「医の倫理」に基づき「生命の尊厳」を第一に重んじるべき医療従事者の立場として、以下に当院の方針を示します。

市立函館病院は、生命の尊厳を尊重するべく、
相対的無輸血を方針に掲げます


  • ※「相対的無輸血」とは、生命の危機や重篤な障害に至る危機がない限りで輸血療法を拒否することを指します。対義語として、たとえ生命の危機に陥るとしても輸血療法を拒否することを「絶対的無輸血」といいます。

ガイドラインの詳細についてはこちらをクリック