センター長ごあいさつ
  救急外来の紹介
  ICU病棟紹介
  HCU病棟紹介
災害医療
研修医の皆様へ
看護学生の皆様へ
救急専従医の役割
 
市立函館病院のホームページに戻ります

 

 

 

1.HCU(救急)病棟とは

 当院でのHCUとは救急病棟をいいます。救急外来や一般外来で、手術や入院が必要になった場合、症状に応じて入院・治療する病棟です。年齢や診療科に関係なく、全科の患者様の受け入れを 24時間体制で行っています。HCUの平成17年1年度の入院者は1,909人です。病院年間入院数のです。

 

2.HCU病棟の特殊性

 病棟は3階南フロアにあり、常に患者様の状態を把握するためベッドサイドでの看護を徹底し、また24時間心電図や呼吸などをモニターで観察し看護しています。 ベッドはすべて自動リクライニングコントローラーを使用していただいており、ベッドマットは患者様の状態に応じて快適なマットを使用し、特に自力で寝返りを打てない状態に発生する床ずれには、数種類のエアマットを選択し予防しています。病室は特殊な空調設備が設置され、一般病棟とは異なるクリーンなシステムになっています。
 現在、4人部屋5部屋・個室2床を含む 20床で稼動しており入院された患者様は、病状が落ち着くまでHCU病棟に入院し、その後一般病棟に転室することになっています。

 

3 こんな看護を行っています

  緊急入院される患者様が多く、患者様やご家族の不安が大きな病棟のため、安全の確保に注意し、安心して治療に専念していただける環境を提供できるよう心がけています。また不安を取り除けるよう、ベッドサイドでの看護を重視するため 夜勤看護師は4人体制で他の病棟より多く配置され、患者様に対応しています。