センター長ごあいさつ
  救急外来の紹介
 
 
 
市立函館病院のホームページに戻ります
 

 

1.救急外来とは

  24時間365日、医師や看護師が待機し1次から3次の乳児から成人まですべての救急患者様の診療を行っています。複数の患者を収容可能な救急処置室、専用の放射線施設を有し、救急車で来院した患者様は救命救急センター医が初診、初期治療を行い、トリアージをして専門医に受け継いでいます。

 

 

2.救急外来の特殊性

当院の救急外来は自力での来院が可能な1次患者様、入院治療や手術が必要な中等症、重症の2次患者様、初期救急、心肺機能停止を含む2次以上の応需についても積極的に受け入れを行っています。平日の一般外来診療の時間帯は救急車の受け入れ、外来患者様の予測できない状態変化に対応しています。 なお、夜間休日は、日当直医師が救急症例に対する受け入れを行っています。 院内研修BLS AED、ICLSコース開催、院外JPTECにも積極的に参加しています。

 

3.こんな看護を行っています

救急外来では専従の救急医と看護師が配置され、プライマリ・ナーシング(主治看護師制)を行っています。これは「ある特定の患者様の看護ケアを、一人の受持看護師が継続責任を持つ1対1関係の中で、主体的看護判断で看護を継続する権限と実施・結果について責任を持つ。」という看護方式のことです。患者様の病気の部分だけを見るのではなく一人の人として全人的にとらえ、患者中心の看護を行うことが本来の看護であると考えスタッフは知識・体力・情熱を持ち、緊迫した状況でも患者様やご家族に安心できる看護を目指しております。