心臓血管外科

 我々の2017年の診療実績をお知らせいたします。

  1. 心臓胸部大血管   151例
     弁膜症     55例
     冠動脈疾患   25例
     胸部大動脈瘤  75例
  2. 腹部大動脈瘤   73例
  3. 末梢動脈疾患   164例
  4. 下肢静脈瘤    47例
  5. その他      34例

 我々はできる限り、身体に負担のかからない方法で最大の効果をあげるという方針のもとに一貫して治療を行ってきました。
 この治療方針の元、様々な成果をあげたことから国内外で注目をあびております。

  1. Shibata T. Clinical results of hybrid aortic arch repair for high-surgical-risk patients. LINC2017 January 26, 2017, Leipzig, German
  2. 森下清文、新垣正美、柴田豪、楢山耕平、馬場俊雄(シンポジウム) 急性A型大動脈解離術後残存解離。TX-Dの登場でさあどうなる 第45回日本血管外科学会:2017年4月21日:広島
  3. Morishita K, Narayama K, Shibata T, Shingaki M, Baba T, Fujisaki M (international Forum). Early and long-term results of hybrid arch debranching repair in critically ill patients. 2017 vascular annual meeting May 31,2017, San Diego, CA
  4. Morishita K, Narayama K, Shibata T, Shingaki M, Baba T. (Fast-track presentation) 1-year follow-up study of preemptive TEVAR for residually dissected aortas after proximal open repair of type A aortic dissection in high-risk patients for late re-intervention. European Society for Vascular Surgery 31st Annual Meeting, September 19,2017, Lyon, France.
  5. Morishita K. (Lecture) Efficacy of preemptive TEVAR for residually dissected aortas after acute type A aortic dissection repair. Laciotat program, September 22,2017, Laciotat, France.
  6. 柴田豪、楢山耕平、新垣正美、馬場俊雄、森下清文EVTに精通した外科医の方針:SFA TASC CD跛行肢に対する人工血管の立ち位置再考 (シンポジウム) 第58回日本脈管学会: 2017年10月19日:名古屋
  7. Shingaki M, Kurimoto Y, Morishita K, Baba T, Shibata T, Narayama K. A novel technique for in-situ fenestration TEVAR for arch aneurysm using radio-frequency ablation catheter. The 18th congress of Asian Society for Vascular Surgery, October 25-28,2017, Kualu Lumpur, Malaysia.
  8. 森下清文(特別講演) 大動脈ステントグラフト治療1000例の経験から学んだ事 第4回脈管研究会: 2017年11月11日:札幌
  9. 馬場俊雄、森下清文、馬渡徹、新垣正美、柴田豪、楢山耕平、鶴田航大(ワークショップ) 75歳以上高齢者胸腹部大動脈瘤(TAAA)症例に対する胸部ステントグラフト内挿術(TEVAR)の検討 第79回日本臨床外科学会:2017年11月23日:東京