心臓血管外科 > 2016年全国学会上級演題


心臓血管外科 2016年全国学会上級演題

2016年全国学会上級演題(一部割愛)

  1.  馬場俊雄、森下清文、他(パネルディスッカッション) Proximal endograft failureに対するsurgeon-modified fenestrationによる治療 第46回日本心臓血管外科学会、2016年2月17日:名古屋
  2.  楢山耕平、森下清文、他(シンポジウム) Can surgeon-modified fenestrated stent grafs expand the indications of endovascular treatment for complex aortic pathologies? 第80回日本循環器学会総会: 2016年3月18日:仙台
  3.  新垣正美、森下清文、他(インターナショナルセッション) Predictive factors for abdominal aortic aneurysm shrinkage one year after successful endovascular aneurysm repair. 第44回日本血管外科学会、2016年5月26日:東京
  4.  塚原光美、柴田豪、他(パネルディスッカッション) 当院における取り組み~フットケアチームの萌芽~ 第44回日本血管外科学会、2016年5月27日:東京
  5.  草川均、森下清文、他(シンポジウム) 慢性静脈不全症に対する新しい治療選択枝—内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術の治療成績、深部静脈血栓症後症候群、鬱滞性潰瘍に着目して第36回日本静脈学会、2016年6月23日:弘前
  6.  新垣正美、森下清文、他(シンポジウム) 当院におけるZenith Dissection Deviceの使用経験とその成績 第21回日本血管内治療学会総会: 2016年7月29日:東京
  7.  森下清文(シンポジウム).Zone 0, zone 1症例に対するハイブリッド弓部大動脈瘤治療戦略 第64回日本心臓病学会総会: 2016年9月23日:東京
  8.  森下清文、大堀俊介、他(ワークショップ)弓部大動脈瘤に対するsurgeon-modified fenestration+debranching法: hybrid arch repair 9年間の苦闘からたどり着いた術式 第69会日本胸部外科学会: 2016年10月1日:岡山