神経内科

神経内科とは、脳、脊髄、末梢神経、筋肉におこる病気を診断して治療する診療科です。当院は日本神経学会教育関連施設に指定されています。


対象となる疾患と診療内容

    <神経内科で診療する病気>

  1. 脳の病気
    脳梗塞、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、髄膜炎、脳炎、多発性硬化症、てんかん、神経ベーチェット病、頭痛(緊張型頭痛、片頭痛など)、本態性振戦など
  2. 脊髄の病気
    脊髄炎、脊髄梗塞、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、スモン、HAM、脊髄空洞症など
  3. 末梢神経の病気
    多発神経炎、圧迫性神経障害、顔面神経麻痺、顔面けいれん、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性神経炎、糖尿病性神経障害、三叉神経痛など
  4. 筋肉の病気
    筋ジストロフィー、多発筋炎、重症筋無力症、周期性四肢麻痺など

    <神経内科を受診したほうがよい症状>

  1. 頭が痛い
  2. 手足の力が弱い、手足の筋肉がやせてきた、動作が遅くなった
  3. 手足や口が勝手に動く、ふるえる
  4. 手足がしびれる、感覚がにぶい
  5. 物が二重に見える、まぶたが下がる
  6. 意識を失う、けいれんをおこす
  7. 舌が回らない、飲み込みにくい
  8. ふらつく、転びやすい、足が小股になった、めまい

当科で診療している疾患を大別すると、脳梗塞、神経系の難病、その他(頭痛、髄膜炎・脳炎、末梢神経疾患など)に分けることができます。この中で、神経系の難病としては、パーキンソン病や脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、 重症筋無力症、多発性硬化症などがあります。これらの神経難病は、原因が不明 で治療法が確立されておらず、手足の運動障害が進行していく疾患が多いので、生活障害はもとより精神面での苦痛も大きくなります。このため、当科では在宅療養支援を重視するという立場から、保健所、訪問看護ステーション、ケアマネジャーなどの在宅療養を支えるスタッフと緊密な連携をとるように努めています。
現在(平成19年3月)、当科外来で診療中の神経難病の患者数は、パーキンソン病251名、脊髄小脳変性症93名、筋萎縮性側索硬化症11名、重症筋無力症39名、多発性硬化症28名、多発筋炎5名、スモン1名です。
治療につきましては、多発性硬化症に対するインターフェロン療法、ギラン・バレー症候群に対する大量ガンマグロブリン療法など最新の治療の導入に努めています。