呼吸器外科

 呼吸器外科は2007年1月1日から診療科として独立しスタートしました。それまで心臓血管外科(胸部外科)が担当していた呼吸器(肺)の手術は以降、呼吸器外科として行われるようになりました。
 呼吸器の病気が複雑化、重症化していることや、また最新の医療技術を提供する必要性から当科は呼吸器外科学会専門医を中心として治療に取り組みます。標準的な治療を提供することを心掛けていますが、私達の科の特徴は心臓血管外科との共同治療が可能なため、心臓血管が肺癌に侵されている症例や呼吸状態が悪く体外循環の使用が必要となる手術症例にも対応が可能なことです。
 現在、癌治療は内科、放射線科、外科の協力による集学的治療が主流となっております。私達は総合病院の長所を生かし、それぞれの専門家による叡智を結集して治療を行っておりますが、『呼吸器外科』は外科治療の分野でその役割を果たしてまいりたいと考えております。


<対象となる疾患と診療内容>

 肺癌は現在でも、全癌患者死亡数の2割をしめる大変数の多い疾患であり、今後も患者数の増加が予想されます。当院では年間40~50例程度の肺癌手術を行っております。
 肺癌以外にも広く呼吸器疾患の外科治療を行います。具体的には、転移性腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、気胸などです。低侵襲手術であるVATS(胸腔鏡を用いて小さな創で行う手術)は4~5 cmの創が1つと2㎝の創2つで行っており、主に肺癌、転移性腫瘍、気胸などの治療に用いております。