BLS・ICLS

全コメディカルの心肺蘇生法プロバイダーを目指して

 当院ICLS小委員会ではBLSコースを年7回、ICLSコースを年3回実施しています。
 BLS(Basic Life Support)コースとは、救命処置のうち特殊な器具や医薬品を使用せずに行う心肺蘇生法をマスターする研修です。
 倒れている人を見つけたときに、最初に行うべきことを実技で身につける研修であり、日本救急医学会で認定された当院看護師がインストラクターとして指導しています。
 BLSは命を救う我々看護師にとって必要な手技であり、当院新採用者研修では必須項目としています。
 看護師のみならず病院内のすべての職員が、この手技を身につけることができれば、患者様にとっても非常に心強いのではないかと考え、現在は多くのコメディカルにも受講してもらっています。