チーム医療

それぞれの専門を活かして

 当院では、一人ひとりの患者さんの状態に合わせて、多くの専門職種が連携し、その専門性をより発揮することで、医療の質を高め安全を確保しつつ治療やサポートを進めていく「チーム医療」を展開しています。

栄養サポートチーム (NST)

 メンバーは、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師です。
 栄養に関する相談依頼が発生した患者様を、定期的にラウンドし、血液データを踏まえベッドサイドでの情報収集後、ミーティングをします。その患者様の基礎エネルギー量、必要エネルギー量を算出し、それに基づいた経口による食事内容の検討、輸液内容の検討、胃瘻・腸瘻・経鼻カテーテルによる栄養剤の種類などを検討・評価し、少しでも患者様の栄養改善に支援出来ることを目標とし、活動しています。

緩和ケアチーム

 2人に1人ががんになるといわれている現代、患者さんは単に身体面だけではなく、精神面や社会面など多くの苦痛を抱えています。家族もまた同じように苦痛を抱えています。患者さんや家族の苦痛を理解し、問題を解決していく為には多職種と協働してケアを提供する、即ちチーム医療が必要となります。
 当院緩和ケアチームは、医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、理学療法士、医療ソーシャルワーカー、マッサージ師で構成されています。様々な視点でアセスメントを行い、患者さんや家族のニーズを導き出し、実際のケアへ繋いでいきます。
 1人でも多くの患者さんや家族が、あらゆる苦痛から解放され病気と向き合える手助けができればと考えています。

口腔ケアチーム

 入院している患者様に口腔内のトラブルが発生したとき、歯科衛生士が中心となって、口腔ケア回診を行っています。回診は、口腔内の評価やケアのアドバイスのほか、実際にケアを行いながらのアドバイスもしています。口腔ケア回診で歯科医師の診断が必要と判断した場合は、歯科受診がスムーズにできるシステムになっています。
 口腔ケアチームは起きてしまったトラブルだけでなく、予防の面にも着目し、患者様のQOL向上・維持を考え活動しているチームです。

褥瘡委員会

「褥瘡ゼロ」をめざしています!
 私たち褥瘡委員会は形成外科医師2名、担当看護科長1名、皮膚・排泄ケア認定看護師1名、師長2名、薬剤師1名、栄養士1名、各病棟よりリンクナース1名、医事課1名で構成しています。
 委員会では褥瘡を作らない、悪化させないということを目標に、形成外科医師・認定看護師を中心に回診内容を充実させ、体圧分散マットレスの選択や技術指導・教育など病棟スタッフへの啓蒙活動をしています。その効果はあり、発生率は年々減少しています。

PEG委員会

 当院では、入院時PEG挿入患者様や造設患者様に対し毎週木曜日PEG回診を行っています。構成は、外科医師・皮膚・排泄認定看護師・看護師・薬剤師・栄養士でPEGのトラブルや、スキンケアを中心に看護師に教育・指導を行い、病棟看護師が患者様や家族が、安心して退院できる様にケア方法などの指導を行っています。
 当院は、道南の拠点病院でもあり地域連携にも力を入れ、PEGのパスも完成し、今後活用していく方向です。

人工呼吸サポートチーム (ARST)

 一般病棟で人工呼吸器装着患者様を看護する場合、アラーム時の対応やインシデントへの不安などといった問題が多く、スタッフの負担が大きいと言われています。
 当院では、平成20年4月からARST(Artificial Respiration Support Team)を立ち上げ、一般病棟で看護されている人工呼吸器装着患者様のサポートを実施しています。チームメンバーは麻酔科医師1名、臨床工学士1名、理学療法士1名、ICU看護師4名とICU看護師長の計8名で構成され、週に1回の回診を行い人工呼吸器の操作方法、アラームの対処方法、サクションの手技、疑問点の解決などといった活動を実施しています。さらに、人工呼吸器の取り扱いに慣れている、ICU看護師21名をサポーターとすることで、24時間バックアップシステムを確立し、現在まで10名の患者様および一般病棟スタッフのサポートを行ってきました。