中央放射線部

 放射線部は診療放射線技師26名、看護師15名、助手5名のスタッフで検査を行っております。当院の放射線システム(RIS)は病院情報システム(HIS)とオンライン接続されており、患者皆様の検査情報が放射線検査装置まで届くようになっており、医事会計まで繋がっております。また皆様の受けられた一般撮影やCT、MRIなどの画像はサーバーに保管されており、後日再出力が可能でありますと共に画像検査履歴が完備されております。 放射線部はより早く高精度な検査を行うべく日夜努力すると共に、学会、研修会、講習会へ積極的に参加し、各分野の専門・認定技師を育て、関連学会には研究成果を報告することで、常に自己研鑽をしております。



CT部門

 人体の横断面にX線をあてて輪切りにした断層画像をコンピュータで立体的に合成して病気の診断に役立てる検査です。痛みもなく、繰り返し検査ができるので、治療の進み具合を確認したり、治療後の経過を観察するためにも有効です。CTは体の成分の中で骨・筋肉・脂肪・液体を区別して映し出します。検査の内容によりますが、所要時間は所要時間は通常で10~20分程度です。マルチスライスCTの登場により短時間に広範囲を薄いスライスで撮像することが可能となり、造影検査においては動脈層、静脈層などの多相性の撮像ができ、データの連続性に優れているため、3次元画像が可能です。これまでのCTと比較してより高い検査が出来ます。

 詳細はこちら(PDF形式)