中央放射線部

 放射線部は診療放射線技師26名、看護師15名、助手5名のスタッフで検査を行っております。当院の放射線システム(RIS)は病院情報システム(HIS)とオンライン接続されており、患者皆様の検査情報が放射線検査装置まで届くようになっており、医事会計まで繋がっております。また皆様の受けられた一般撮影やCT、MRIなどの画像はサーバーに保管されており、後日再出力が可能でありますと共に画像検査履歴が完備されております。 放射線部はより早く高精度な検査を行うべく日夜努力すると共に、学会、研修会、講習会へ積極的に参加し、各分野の専門・認定技師を育て、関連学会には研究成果を報告することで、常に自己研鑽をしております。



放射線治療部門

 放射線治療は高エネルギーX線や電子線を利用し主に悪性腫瘍の治療を行います。 治療は治療専門CTで得られた画像により3次元的に照射方法を検討し悪性腫瘍にはより多くの、正常組織には出来るだけ少なくする方法がコンピュータを用いた治療計画、治療器の制御が行われております。装置治療精度を維持することにより、高精度放射線治療(IMRT・IGRT)・定位放射線治療(SRS・SRT)に対応していると共に骨髄移植のための全身照射を行っております。

 詳細はこちら