中央放射線部

 放射線部は診療放射線技師32名、助手1名のスタッフで検査を行っております。当院の放射線システム(RIS)は病院情報システム(HIS)とオンライン接続されており、患者皆様の検査情報が放射線検査装置まで届くようになっており、医事会計まで繋がっております。また皆様の受けられた一般撮影やCT、MRIなどの画像はサーバーに保管されており、後日再出力が可能でありますと共に画像検査履歴が完備されております。
 放射線部はより早く高精度な検査を行うべく日夜努力すると共に、学会、研修会、講習会へ積極的に参加し、各分野の専門・認定技師を育て、関連学会には研究成果を報告することで、常に自己研鑽をしております。



RI部門

 RI(核医学)検査は、目的の臓器や組織に集まる放射性医薬品を注射し、シンチカメラを用いて撮影します。骨・腫瘍の検査は全身の撮影、脳・心臓の検査はSPECTといわれる断層画像を得る検査等を行っています。
また、シンチカメラで得られた情報からコンピュータを用いてデータ解析して、臓器の動きを調べます。検査時間は30分から60分位です。

 詳細はこちら(PDF形式)