認定看護

<認定看護師>

 認定看護師とは、5年以上看護師としての実務経験があり、認定看護師教育課程を修了、日本看護協会の認定試験に合格した看護師に与えられる資格です。
 当院、看護局は看護の専門性を高めるために、認定看護師育成に力を入れております。
 現在7領域(皮膚・排泄ケア、緩和ケア、感染管理、救急看護、集中ケア、がん化学療法、がん放射線療法看護師)、14名の認定看護師が院内で活動しています。




がん化学療法看護認定看護師
(Cancer Chemotherapy Nursing)
松丸 亜紀 【所属学会】
日本がん看護学会
日本臨床腫瘍学会
日本造血幹細胞移植学会
【地方活動】
道南がん看護研究会
 平成21年度の認定審査によりがん化学療法看護認定看護師の資格を取得いたしました。 化学療法を受ける患者さんとご家族に安全、安楽、確実に化学療法及び副作用ケアを行っていくことが、がん化学療法看護認定看護師の役割となります。
 現在、外来化学療法室を中心として活動をさせていただく中で、化学療法を受ける患者さんとご家族が自分らしい生活を送りながら出来るだけ安楽に治療を継続していけるようにケアを提供できるよう環境を整えているところです。
 化学療法の副作用は、脱毛、吐き気、皮膚症状、口内炎、下痢など多岐にわたりそれぞれの症状に対しての予防ケアや対処方法、ウィッグ(かつら)や帽子、乳癌の方の下着などの情報提供を順次行っていきたいと考えています。
 また、各医療者が連携を図り意思決定支援から、確実な投与管理、症状緩和ケア、精神的ケア、地域医療連携の充実などを行っていけるように国立がんセンターの化学療法チーム研修に医師、薬剤と共に参加する予定となっており、医療チームとして皆様により良いケアを行っていけるようなシステム作りを行っていきたいと思います。