認定看護

<認定看護師>

 認定看護師とは、5年以上看護師としての実務経験があり、認定看護師教育課程を修了、日本看護協会の認定試験に合格した看護師に与えられる資格です。
 当院、看護局は看護の専門性を高めるために、認定看護師育成に力を入れております。
 現在7領域(皮膚・排泄ケア、緩和ケア、感染管理、救急看護、集中ケア、がん化学療法、がん放射線療法看護師)、14名の認定看護師が院内で活動しています。




緩和ケアチーム・緩和ケア認定看護師
(Palliative Care Nursing)
村田 京子 【所属学会】
日本緩和医療学会
【地方活動】
道南がん看護研究会
道南在宅ケア研究会
小野 裕子 【所属学会】
日本緩和医療学会
【地方活動】
道南がん看護研究会
道南在宅ケア研究会
<緩和ケアとは>
緩和ケアは、痛みのコントロールやその他の症状のコントロール、心理面のケア、療養の場に関する情報提供などの必要なサポートを行います。
苦痛を和らげることで、病気と向き合うことを可能とし、その人らしい生活を送ることができます。
できる限り可能な最高のQOL(生命の質・生活の質)を実現するための医療です。

<緩和ケアチームとは>
患者さんと御家族が抱えている苦痛を理解し、問題を解決していくためには、多職種との協働が必要となってきます。
緩和ケアチームは、主治医・看護師と相談しながら、患者さんと御家族の支援を行っていく専門家チームです。
身体症状担当医師、精神症状担当医師、緩和ケア認定看護師が中心となり、薬剤師・MSW(医療相談員)・臨床心理士・マッサージ師・理学療法士などと協力して診療します。

<市立函館病院緩和ケアチームの紹介>
-活動目的・目標-
•院内における緩和ケアの浸透をはかる
•急性期病院での緩和ケアの質の向上を目指し、患者さんや御家族のQOLを高められるケアを提供する
•地域を交えた緩和ケアの活性化をはかる
-対象-
病気の時期に限らず、悪性腫瘍など生命を脅かす疾患に伴う痛みや症状及び精神面・社会面・スピリチュアルの苦痛を抱えている患者さんとその御家族
-運営体制-
緩和ケアチームは、主治医からの依頼をもとに活動を行います。患者さんの状況に合わせて医師、緩和ケア認定看護師が継続的に伺い、主治医と相談しながら問題を解決していきます。
緩和ケアチームの一員である薬剤師、MSW、臨床心理士、マッサージ師などがいつでも相談に応じることのできる体制を整えています。
-相談内容-
「これからの生活が心配。」
「自宅での時間を大切にしたい。」
「痛みを楽にしたい。」
「痛いと伝えてもわかってもらえない。」
「麻薬を使うと言われたけれど、どんな薬なの?」
「眠れない。」
⇒相談方法
緩和ケアチームへの依頼は主治医が行います。患者さんや御家族が緩和ケアチームへ依頼したいと思った時には、主治医へ相談してください。
-ご案内-
院内18箇所に市立函館病院の緩和ケアチームのポスターを掲示しています。
主な掲示場所はエレベーター前、各階デイルームとなっています。