認定看護

<認定看護師>

 認定看護師とは、5年以上看護師としての実務経験があり、認定看護師教育課程を修了、日本看護協会の認定試験に合格した看護師に与えられる資格です。
 当院、看護局は看護の専門性を高めるために、認定看護師育成に力を入れております。
 現在7領域(皮膚・排泄ケア、緩和ケア、感染管理、救急看護、集中ケア、がん化学療法、がん放射線療法看護師)、14名の認定看護師が院内で活動しています。




感染管理認定看護師
(Certified Nurse in Infection Control)
木村 繭 【所属学会】
日本環境感染学会
日本感染管理ネットワーク
【地方活動】
日本感染管理ネットワーク北海道
日本感染管理ネットワーク北海道支部道南ブロック(役員)
道南感染対策セミナー(役員)
道南メディカルスタッフのための感染対策セミナー(代表世話人)
埜畑 有子 【所属学会】
日本環境感染学会
日本感染管理ネットワーク
【地方活動】
日本感染管理ネットワーク北海道
日本感染管理ネットワーク北海道支部道南ブロック(役員)
道南メディカルスタッフのための感染対策セミナー(世話人)
 病院には、治癒や症状緩和を目的に様々な患者さまが入院されます。入院したことにより新たな感染を受けることはできる限り避ける必要があります。しかし、入院中に行われる医療行為や疾患によっては、健康な方よりも感染に対する抵抗力が弱くなってしまいます。そのため当院では、病院内での感染を防止し感染に対するリスクを最小限にするため感染対策委員会や下部組織である感染対策チーム(Infection Control Team)『ICT』を設置し、看護局リンクナースと共に患者さまが安心して療養でき、また職員が安全に働ける環境の向上に努めるよう各部署と協力しながら感染対策を実施しています。
 具体的には、感染対策の基本である『手洗い』について、正しい手洗いの方法や使用薬剤に関する助言をはじめ、病院における感染予防に必要な感染防止技術の提供、感染対策に関する相談を受け共に対策を考えるコンサルテーションなどを行っています。また、感染症発生時など感染対策に関する問題に迅速に対応できるよう各部署を巡回し感染防止対策に関する活動を実施しています。
 このような活動を通して、更によりよい環境が提供でき、患者さま・ご家族、関係者の皆様に貢献できるよう感染管理に取り組んでいきたいと考えています。