認定看護

<認定看護師>

 認定看護師とは、5年以上看護師としての実務経験があり、認定看護師教育課程を修了、日本看護協会の認定試験に合格した看護師に与えられる資格です。
 当院、看護局は看護の専門性を高めるために、認定看護師育成に力を入れております。
 現在7領域(皮膚・排泄ケア、緩和ケア、感染管理、救急看護、集中ケア、がん化学療法、がん放射線療法看護師)、14名の認定看護師が院内で活動しています。




集中ケア看護認定看護師
(Intensive Care Nursing)
十文字 英雄 【所属学会】
日本集中治療医学会
日本クリティカルケア看護学会
日本呼吸療法医学会
大山 隼人 【所属学会】
日本集中治療医学会
日本クリティカルケア看護学会
日本航空医療学会
日本救急看護学会
【資格】
JPTECインストラクター MCLSインストラクター
渡邉 祐介 【所属学会】
日本集中治療医学会
日本クリティカルケア看護学会
日本呼吸療法医学会
 集中ケア認定看護師は、疾患が重篤化し、生命の危機状態にある患者様や大きな手術を行った患者様に対し、自らの熟練した看護技術を用いて水準の高い看護ケアの実践を行う役割を持っています。また、この実践を通して、他の看護職者等に指導を行い看護ケア全体のレベルを向上させること、さらに、実践する看護ケアについての相談を受け、支援を行う役割も持っています。
 普段はICU(集中治療室)病棟のスタッフとして勤務しており、毎週水曜日・木曜日の2日間を認定活動日とし、ICUに入院されている患者様の看護ケア方針を受け持ち看護師とともに検討することや勉強会の準備、マニュアルの見直しなどを行っています。 集中ケア領域では、医師や理学療法士など他の医療従事者との連携も患者様の回復に大きく影響するため、コンタクトを十分にとり、チーム医療の充実を目指した取り組みも行っています。
 主にICU・HCU(救急病棟)病棟で治療を受ける患者様に関わらせて頂くことが多いと思いますが、一般病棟においても人工呼吸器を使用している患者様、状態の変化が大きい患者様への看護ケアにおいて困難をきたした場合など、相談を受け解決へ導けるよう助言する活動も行っています。 集中ケア看護に関わらず看護にとって重要な事は、5感を最大限に生かし、患者様の状態を把握してタイムリーな看護ケアを見出すことです。このことが、患者様の重篤化の軽減・早期回復・退院後の生活レベルの維持に繋がります。この5感を最大限に生かした看護ケアが患者の皆様に提供できるよう、活動していきます。