ホーム 臨床研修のご案内


臨床研修のご案内(後期)

整形外科後期研修プログラム

1. 特徴 
 市立函館病院は救命救急センターを擁し、その中で整形外科は道南地区の急性期病院の中の診療科として各種外傷・慢性疾患の症例を数多く経験することが出来ます。在籍医師は5人と少ないですが、各分野のエキスパート(脊椎脊髄外科指導医、手の外科認定医、関節外科の専門医・日本整形外科学会スポーツドクター認定医)がいるため、整形外科疾患をほぼ網羅出来る体制です。各分野のエキスパートがそろっている整形外科施設は実はあまり多くはありません。


2.学会・施設認定
  日本整形外科学会研修施設

3.研修期間 
 多診療科ローテーションコース(3ヶ月以上)および1年以上の専門医コース

4.指導責任者
 医療部長 佐藤隆弘

5.到達目標

 (多診療科コース)  
 3ヶ月: 外傷のプライマリーケアの習得
  ① 外傷患者の所見のとり方: 骨折・脱臼、脊髄損傷、神経・血管損傷など
  ② 外傷の画像所見の読影: Xp,CT,MRI
  ③ 基本手技の習得: 創処置、骨折・脱臼の整復・固定、検査
  ④ 各種手術の助手
  ⑤ 患者受け持ち、基本的な手術(例:大腿骨近位部骨折など)の執刀
 6ヶ月: 外傷のプライマリーケア・慢性疾患の治療
  ① 更に高度な手術(四肢骨折手術)の執刀、患者受け持ち
  ② 慢性疾患患者の診断・治療方針・各種検査を習得
  ③ 各種手術の助手

(専門医コース)
 基本的には外傷患者の診断・治療の知識・技術を十分習得してから各分野(脊椎脊髄疾患、手の外科、関節疾患)に進むのがベストです。可能であれば最初の1年間程度は外傷学を中心にみて見聞を広めるのが良いと思われますが、整形外科の基礎が習得できていれば各分野へ進むのはかまいません。期間に関しては相談に応じます。
   ① 脊椎脊髄疾患:診察・診断・治療方針決定のための基本的知識の習得、各種検査
   ② 手の外科:主に上肢の外傷の治療
   ③ 関節疾患:主に下肢の外傷の治療、膝関節鏡手術

6.週間スケジュール
 
基本的には8:00~17:00ですが、17:00に帰宅できることは殆どありません。
  連日   8:00~ 写真見せ  
  木曜日 7:45~ 抄読会  
  金曜日朝 カンファレンス  

 午前中は外来、午後は手術・検査ですが、外来担当医ではない医師が連日午前中から手術を行っています。

 やる気があれば、基本的には何でもやってもらう方針です。いくら知識があっても使えなければダメだという考えから、とにかくやって覚えるというスタンスで皆さんに接し、第一線で活躍できる整形外科に育成します。症例が非常に多いので、基本的な治療から最新の治療まで経験できます。やる気と情熱のある研修医の皆さんをお待ちしています。

戻る