ホーム 臨床研修のご案内


臨床研修のご案内(後期)

放射線科後期研修プログラム

1. 特徴 
 市立函館病院は救急救命センターを擁し、地域がん診療拠点病院に認定されており、放射線科として救急疾患やがん治療に対する画像診断・IVR・放射線治療において豊富な症例を経験することが可能な施設です。

2.学会・施設認定
 放射線科専門医修練機関
 日本放射線腫瘍学会認定放射線治療施設

3.研修期間 
 3ヶ月以上の実践コースおよび1年以上の専門医コース ス

4.指導責任者
 医療部長 小川 肇

5.到達目標
 レベルの高い、包括的で全人的な外科診療を実践できる外科専門医を養成する。

(実践コース)
3ヶ月 ・CT,MRI,RIにおける正常解剖を理解し、頻度の高い疾患の読影、レポートを作成する。
・デジタル画像の基礎知識やCT,MRI,RIの撮影法を理解する。    
・造影剤の投与法、適応および副作用に対する処置についての知識を習得する。
・血管造影・IVRの助手。動脈穿刺、止血および簡単なカテーテル操作を習得し、中心静脈リザーバー埋め込みの経験をする。
6ヶ月 ・CT,MRI,RIにおける正常解剖および変異を理解し、頻度の高い疾患、がんの病期診断、外傷の診断の読影、レポートを作成する。    
・CT,MRI,RIにおける基礎知識および基礎的な画像処理を理解し、特殊撮影について理解する。    
・造影剤の投与法、適応および副作用に対する処置についての知識を習得する。
・腹部臓器の診断用血管造影を習得する。
・静脈リザーバー埋め込みの技術を習得する。
・肝細胞癌に対する塞栓術の適応、技術を理解し、指導医の下に経験する。  
(専門医コース)
初期研修後、当科3年で放射線科専門医一次試験受験資格取得
一次試験合格後2年で診断・核医学あるいは放射線治療のどちらかで放射線科専門医受験資格取得    
1年 ・上記6ヶ月コース通年 ・放射線治療の適応となる疾患について理解し、放射線治療の基礎の理解する。    
2年 ・CT,MRI,RIの指導医のもとで一般の読影、レポートを作成する。
・指導医のもとで一般の診断用血管造影、静脈リザーバーの埋め込み、肝細胞癌に対する動脈塞栓術を施行する。
・指導医のもとで透析シャントのPTA、PTPE、BRTO、動静脈奇形の塞栓術、癌に対する動注療法および動注リザーバー埋め込み、外傷患者の塞栓術などを経験する。
・指導医のもとで放射線治療患者を診察し、放射線治療の治療計画を立てる。
・地方学会での発表を行う。    
3年 ・スタッフと共に、一般の読影、レポートを作成する。
・スタッフと共に血管造影、IVRを施行する。
・スタッフと共に放射線治療患者の診察および治療計画を立てる。
・地方または全国学会での発表を行う。
4年 ・指導医と共に分担しながら、診断・治療業務をする。
・他科のコンサルトに対応する。
・専門医二次試験に備える。
・学会・論文発表を行う。

6.評価
 終了ごとの指導医、放射線科技師、放射線科看護師による評価

7.週間スケジュール
8:30~17:00(業務量により時間外あるが、基本は時間内が目標)
月曜日18:00~19:00肺癌カンファレンス(呼吸器科、呼吸器外科、放射線科)
火曜日17:00~18:00消化器病センターカンファレンス(消化器科、外科、放射線科、病理科)


戻る