ホーム 臨床研修のご案内


臨床研修のご案内(後期)

消化器病センター外科後期研修プログラム

1. 特徴 
 市立函館病院は救急救命センターを擁し、地域がん診療拠点病院に指定されており、消化器病センター外科として腹部救急疾患や消化器がんに対する豊富な症例を経験することが可能な施設です。卒後満4年で外科専門医予備試験および満5年で外科専門医面接試験を受けることができます。

2.学会・施設認定
 日本外科学会専門医制度修練施設
 日本消化器外科学会専門医練認定施設

3.研修期間 
 多診療科ローテーションコース(3ヶ月以上)、および1年以上の専門医コース

4.指導責任者
 医療部長 遠山 茂

5.到達目標
 レベルの高い、包括的で全人的な外科診療を実践できる外科専門医を養成する。

(多診療科ローテーションコース)
3ヶ月・外科診療に必要な基礎的知識を習熟し、臨床応用できる。
 ① 局所解剖 ②外科病理学 ③腫瘍学 ④病態生理 ⑤輸液・輸血 ⑥血液凝固と線溶 
 ⑦栄養・代謝学 ⑧感染症 ⑨免疫学 ⑩創傷治癒 ⑪周術期の管理 ⑫麻酔学 
 ⑬集中治療 ⑭救命・救急医療
6ヶ月・外科診療に必要な検査・処置・麻酔手技に習熟し、それらの臨床応用ができる。
①超音波診断・エックス線単純撮影、CT・MRIの適応決定、消化管造影、内視鏡検査 
 ②周術期管理 ③麻酔手技 ④外傷の診断・治療 
 ⑤心肺蘇生法・動脈穿刺・CVカテーテル留置・レスピレータによる呼吸管理・気管切開・
   胸腔ドレナージ・ショックの診断と治療・DIC,SIRS,CARS,MOFの診断と治療・抗癌剤と
   放射線療法の有害事象に対処する。
 ⑥外科系サブスペシャルティの分野の初期治療ができ、専門医への転送の必要性の判断する
   ことができる。
(専門医コース)
1年 、2年(卒後3年、4年)
 ① 外科診療に必要な基礎知識を習熟し、臨床応用ができる。
 ② 外科診療に必要な検査・処置・麻酔手技に習熟し、それらを臨床応用ができる。
 ③ 一定レベルの手術を適切に実施できる。 
3年 (卒後5年)
 ①外科診療に必要な基礎知識を習熟し、臨床応用ができる。
 ②外科診療に必要な検査・処置・麻酔手技に習熟し、それらを臨床応用ができる。
 ③一定レベルの手術を適切に実施できる。消化管および消化管疾患の経験目標は350例。

6.評価
 終了毎に指導医、消化器病センター看護師長による評価

7.週間スケジュール
月曜日 8:15 朝カンファランス、8:45 病棟回診、定期手術
火曜日 8:15 朝カンファランス 8:45 病棟回診、定期手術 
     17:00 消化器病センター合同カンファランス(消化器内科、外科、臨床病理、放射線科)
水曜日 8:15 朝カンファランス 8:45 病棟回診、定期手術
木曜日 8:15 朝カンファランス 8:45 病棟回診、定期手術
金曜日 8:15 朝カンファランス 8:45 病棟回診、定期手術
  時間外救急および休日は、当番制で対応する。

戻る