医療の質・クリニカルパス

医療の質 クリニカルパス
Health care quality

地域の患者さんが安心・安全に暮らすことができるよう、
当院では医療の質の向上を目指しています。

クリニカルパス

1.クリニカルパスとは

 ある病気の治療や検査に対して、標準化された患者さんのスケジュールを表にまとめたものです。医師や看護師・薬剤師・放射線技師・検査技師・栄養士など多くの医療スタッフと事務部門が共同して治療や検査ごとに作成されています。

2.クリニカルパス使用の目的

(1)医療の標準化

 病気に対する科学的根拠に基づいた処置や検査をクリニカルパスに組み込むことにより、主治医の違いによる治療のばらつきをなくすことができ、医療の内容を標準化することができます。

(2)チーム医療の推進

 クリニカルパスを用いることで、さまざまな職種の医療スタッフがチームとして情報の共有と連携を図り、医療サービスを円滑に提供することができます。

(3)インフォームド・コンセントの充実

 診療についての先の見通しが立ち、スケジュールに沿って診療が進むため、患者さん自身が診療に主体的に参加できるようになります。

地域連携パス

 当院は、地域の医療機関と連携して、それぞれの機能に応じた役割分担を行っています。この中で、当院は救急・急性期の緊急度の高い医療の提供を担当しています。

 地域連携パスとは、当院で治療を受けた患者さんについて、地域の医療機関と当院の双方で連携し、治療計画に沿って継続的に診療を行う仕組みです。

 現在地域連携パスは、誤嚥性肺炎、心不全、大腿骨頸部骨折、脳卒中、がん(大腸がん・乳がん)地域連携パスを運用しています。

一方向性連携パス 1つの治療スケジュールの中で、患者さんの状態に合わせて、連携する医療機関に診療内容を引き継ぐ仕組みです。各医療機関が役割を分担し、患者さんの状態を引き継ぐことで、切れ目のない医療を受けられます。
 当院の一方向性連携パスには、脳卒中や大腿骨頸部骨折があります。
循環型連携パス 心不全など、長期にわたり診療していくことが必要な疾患について、普段の診療はかかりつけ医が行い、必要に応じて当院を受診していただき、かかりつけ医の支援をします。
 当院の循環型連携パスには、心不全や誤嚥性肺炎、がん地域連携パスがあります。

当院の地域連携パス

がん地域連携パス
がん種地域連携パス
大腸がん大腸癌術後Follow地域連携パス(UFT/LV・ユーゼル医療者用)(PDF 82KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(UFT/LV・ユーゼル患者用)(PDF 86KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(Xeloda・ゼローダ医療者用)(PDF 76KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(Xeloda・ゼローダ患者用)(PDF 79KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(補助化学療法なし医療者用)(PDF 74KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(補助化学療法なし患者用)(PDF 69KB)
乳がん乳がん術後連携パス(医療者用)(PDF 66KB)
乳がん術後連携パス(患者用)(PDF 60KB)
乳がん術後連携パス自己チェックシート(患者用)(PDF 51KB)
誤嚥性肺炎地域連携パス
心不全地域連携パス
尿路感染地域連携パス
大腿骨頸部骨折地域連携パス
脳卒中地域連携パス

病院機能評価

 病院が組織的に医療を提供するための基本的な活動が、適切に実施されているかどうかを評価する仕組みです。評価調査者(サーべイヤー)が中立・公平な立場になって、所定の評価項目に沿って病院の活動状況を評価します。

当院は(公財)日本医療機能評価機構の認定病院(3rdG:Ver.1.1)です

 当院は、(公財)日本医療機能評価機構の病院機能評価、「書面審査」及び「訪問審査」において、認定基準を達成していることが認められ、平成28年5月6日付で認定証(認定第JC913-3号、主たる機能:一般病院2、 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.1)を受領しました。

 審査結果の詳細は日本医療機能評価機構のページに掲載されます。

認定更新日:平成28年3月20日 認定第JC913-3号 主として二次医療圏等の比較的広い地域において急性期医療を中心に地域医療を支える基幹的病院

日本医療機能評価機構とは?

 国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その質の一層の向上を図るために、病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者評価機関です。

病院機能評価の受審について

 医療機関が提供する医療サービスは、医師、看護師等様々な専門職種の技術的・組織的連携によって担われています。患者さんのニーズを踏まえ、質の高い医療を効率的に提供していくためには、組織体としての医療機関の機能の一層の充実・向上が図られる必要があります。 質の高い医療を効率的に提供するためには、医療機関の自らの努力が最も重要であり、そのため医療機関が自らの機能を評価する自己評価が実施されていますが、こうした努力をさらに効果的なものとするために、当院では第三者評価を行う同機構の病院機能評価を受審しました。

医療安全の取り組み

医療安全

 世の中に「完璧なヒト」はいると思いますか?
 答え~「絶対にいません」。
 能力の限界、集中力の低下、緊張・疲労による意識レベルの変動など、様々なリスク要因が私たちヒトの営みの中には常に存在し、最適な条件がずっと続くことは絶対にあり得ないからです。
 ただし、ミスを起こさない工夫や努力を欠くことは絶対に避けなければなりません。

 「医療安全」とは、患者さんの有害事象に繋がるエラーや危害を防止・削減・報告・分析といった手法を用いて、医療の安全の質を高める医療分野です。
 医療を担う私たちも同様に、ミスを犯さない完璧なヒトではありません。
 ヒトは間違うものです。だからこそ、組織としてミスを最大限に防ぐ取り組みが大事なのです。

私たち医療機関に働く職員は、医療法により規模の大小に関わらず、医療の安全を確保するための措置を講じる必要があります。

 とりわけ当院では、医療安全確保の評価として、診療報酬の「医療安全対策加算」「医療安全対策地域連携加算」を患者さんより医療費として頂いて、対策の強化を図っております。

医療安全管理室

 医療安全管理室は、情報の収集と分析、対応策やマニュアルの立案、起きてしまったミスの対応や処理を担当する、病院長直下の医療安全活動を担う組織です。
 医療安全管理室は、医師(副院長)を室長として配置するほか、医療安全活動を専従的に行う2名の医療安全管理者(看護師、臨床検査技師)、そして様々な医療国家資格を有するスタッフ12名で組織する「分析担当者」にて構成されています。様々な職種構成により、様々な目線によるアイデアをもとに良策を導き出す病院内の中枢組織といえます。

 毎週行われる「分析担当者会議」と月1回開催の「医療安全に関する委員会」が関連する事項の協議の場となります。また適宜実施している「医療安全院内ラウンド」により、現場のウィークポイントを実際に眼で見ることで、正しい方向へ導くための大事な活動業務です。