クリニカルパス

クリニカルパス

1.クリニカルパスとは

 ある病気の治療や検査に対して、標準化された患者さんのスケジュールを表にまとめたものです。医師や看護師・薬剤師・放射線技師・検査技師・栄養士など多くの医療スタッフと事務部門が共同して治療や検査ごとに作成されています。

2.クリニカルパス使用の目的

(1)医療の標準化

 病気に対する科学的根拠に基づいた処置や検査をクリニカルパスに組み込むことにより、主治医の違いによる治療のばらつきをなくすことができ、医療の内容を標準化することができます。

(2)チーム医療の推進

 クリニカルパスを用いることで、さまざまな職種の医療スタッフがチームとして情報の共有と連携を図り、医療サービスを円滑に提供することができます。

(3)インフォームド・コンセントの充実

 診療についての先の見通しが立ち、スケジュールに沿って診療が進むため、患者さん自身が診療に主体的に参加できるようになります。

地域連携パス

 当院は、地域の医療機関と連携して、それぞれの機能に応じた役割分担を行っています。この中で、当院は救急・急性期の緊急度の高い医療の提供を担当しています。

 地域連携パスとは、当院で治療を受けた患者さんについて、地域の医療機関と当院の双方で連携し、治療計画に沿って継続的に診療を行う仕組みです。

 現在地域連携パスは、誤嚥性肺炎、心不全、大腿骨頸部骨折、脳卒中、がん(大腸がん・乳がん)地域連携パスを運用しています。

一方向性連携パス 1つの治療スケジュールの中で、患者さんの状態に合わせて、連携する医療機関に診療内容を引き継ぐ仕組みです。各医療機関が役割を分担し、患者さんの状態を引き継ぐことで、切れ目のない医療を受けられます。
 当院の一方向性連携パスには、脳卒中や大腿骨頸部骨折があります。
循環型連携パス 心不全など、長期にわたり診療していくことが必要な疾患について、普段の診療はかかりつけ医が行い、必要に応じて当院を受診していただき、かかりつけ医の支援をします。
 当院の循環型連携パスには、心不全や誤嚥性肺炎、がん地域連携パスがあります。

当院の地域連携パス

がん地域連携パス
がん種地域連携パス
大腸がん大腸癌術後Follow地域連携パス(UFT/LV・ユーゼル医療者用)(PDF 82KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(UFT/LV・ユーゼル患者用)(PDF 86KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(Xeloda・ゼローダ医療者用)(PDF 76KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(Xeloda・ゼローダ患者用)(PDF 79KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(補助化学療法なし医療者用)(PDF 74KB)
大腸癌術後Follow地域連携パス(補助化学療法なし患者用)(PDF 69KB)
乳がん乳がん術後連携パス(医療者用)(PDF 66KB)
乳がん術後連携パス(患者用)(PDF 60KB)
乳がん術後連携パス自己チェックシート(患者用)(PDF 51KB)
誤嚥性肺炎地域連携パス
心不全地域連携パス
尿路感染地域連携パス
大腿骨頸部骨折地域連携パス
脳卒中地域連携パス

お問い合わせ先
企画担当課 0138-43-2000