病院について がん診療に関する当院の取組み > がん登録


がん登録

治療成績を集計、公開するための基本になる作業は、受診されたがん患者様の状態を正確に把握することです。従来、この作業は各診療科で行われてきましたが、2005年8月より当院では、受診された全てのがん患者様を病院に登録することを開始しました。これを「院内がん登録」といいます。院内がん登録があると、どのようながん患者様が、どのような経過で病院を受診され、どのような治療をうけ、その結果がどうであったのかを、病院として正確に把握することが可能です。治療後の経過については定期的に追跡調査いたしますので、病院としての診療成績を全てのがんにつき、集計することが可能となります。これらの情報をホームページなどで公開することにより、当院の成績を地域に公開することが可能となります。また、なんらかの理由で病院に受診されなくなってしまった患者様についてもチェックが可能となります。
がん登録には地域-北海道-への登録もあります。この登録は、北海道全体でのがんの状況を把握するために道が行なっているものです。当院では2004年4月から入院症例に限って登録を行ってきましたが、2005年8月からは外来症例を含めた全ての症例の登録が可能となりました。
当院ではこの登録作業は専任の診療情報管理士が担当しています。


がん病期(ステージ)・治療別内容の詳細

クリニカル・インディケーターのページをご覧ください。





【女性 部位別 上位20位】
区 分 件数
乳房 133
大腸 80
気管支及び肺 55
悪性リンパ腫 53
造血系及び細網内皮系(白血病等) 44
36
子宮頚 33
21
子宮体部 20
肝及び肝内胆管 15
その他及び部位不明の胆道 10
卵巣 10
皮膚 7
7
膀胱 6
6
食道 5
喉頭 3
髄膜 3
小腸 3