病院について がん診療に関する当院の取組み > がんゲノム医療連携病院について


がんゲノム医療連携病院について

市立函館病院は、がん対策推進基本計画(第3期)に基づき整備が進められる「がんゲノム医療連携病院」に平成30年10月1日付で指定されました。

連携病院は、がんゲノム医療中核拠点病院(以下「中核拠点病院」という。)と連携しつつ、遺伝子パネル検査による医療の提供、遺伝子カウンセリングの実施やがんゲノム医療に関する情報提供などの役割を担います。
来年からはゲノム医療の医療保険での実施も検討されています。

市立函館病院では、北海道大学病院(中核拠点病院)と連携し、がんゲノム医療の推進に取り組んでまいります。

北海道大学病院と連携している北海道内の病院は
札幌医科大学附属病院
北海道がんセンター
旭川医科大学病院
市立函館病院

詳しくは、厚生労働省のホームページをご参照ください。