病院指標(令和3年度)

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

DPCデータとは

 現在、全国の急性期の治療を担う病院を中心にDPC/PDPSという計算方法を用いて診療報酬を請求しています。
 この請求方法は、病気の種類と手術の有無、その他の処置などによって定められた入院1日あたりの包括点数に入院日数を掛けて算出しますが、この包括点数は、この方式で診療報酬を計算している全ての病院が、毎月の提出を義務づけられている、統一項目によるデータに基づき2年に1度決定されています。
 この統一項目によるデータを「DPCデータ」といいます。

指標公開の目的

 このように、DPCデータは、診療報酬に直結するため、その精度が高くなければなりません。
 ここで公開する指標は、すべてDPCデータから抽出出来るものであり、それを公開するためには、各病院がデータの精度を高める努力をするとの狙いから、国の審議会で議論され、28年度より実施となりました。
 公開する指標は、全国同一ですので、その病院の診療内容を知る一助になると考えられています。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数5542032223185371120213934772143594

 この指標は、当院の退院患者を10歳刻みで集計した指標です。
 70歳以上で約50%、60歳以上ですと70%以上を占めており、一定年齢を過ぎると、入院医療を必要とする割合が増加する傾向にあります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 「診断群分類」は英語では「Diagnosis Procedure Combination」となりますが、この頭文字をとって診断群分類を「DPC」と呼んでいます。
 DPCは14桁のコードで表されています。最初の6桁がいわゆる病名を表し、その後に、手術の有無、その病気に多く行われる処置等、関連する別の疾病の有無などがルールに従ってコード化されています。
 ここでは、当院の標榜診療科ごとにDPCコードごとの患者数上位5位までを示しております。
 集計される診療科は退院時点の診療科となっています。
 なお、年間10症例に満たない場合は、具体的な数を表示せず「-」と表示することとされています。(指標の6も同様です)

消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xxxx小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術3622.522.650.28%67.64
060340xx03x00x胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし939.439.213.23%76.34
060040xx99x6xx直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等26あり725.214.40.00%62.9
060035xx99x6xx結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等26あり558.894.540.00%68.42
06007xxx9906xx膵臓、脾臓の腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり475.815.440.00%62.53

 2~3日の入院で済む大腸のポリープ切除による入院が最も多く、次いで胆管結石や胆管炎に対しての内視鏡治療、結腸(=大腸)から肛門までの間のがんに対する抗癌剤治療などが多く行われています。

消化器外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060335xx02000x胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし726.227.110.00%64.44
060160x001xxxx鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等554.444.740.00%72.6
060035xx010x1x結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病あり5016.2625.224.00%74.84
060020xx02xxxx胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等2718.9618.347.41%72.81
060150xx03xxxx虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等234.785.44.35%70.39

 胆嚢摘出術・大腸がん・ヘルニア・虫垂炎などに対して、創が小さく体への負担は少ない腹腔鏡を用いた手術を多く行っております。

乳腺外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
090010xx02xxxx乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)316.745.880.00%66.39
090010xx010xxx乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし289.9310.150.00%62.79
090010xx99x8xx乳房の悪性腫瘍 なし 手術・処置等28あり2344.210.00%59.61
090010xx97x4xx乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等24あり156.48.160.00%54
090010xx99x2xx乳房の悪性腫瘍 なし 手術・処置等22あり28.2

 すべて乳癌の治療となっております。1・2番目は手術を行った場合、3・4番目は入院で抗癌剤治療を行った場合、5番目は放射線治療を行った場合です。手術は乳房切除術・乳房部分切除術などが代表的な手術です。抗癌剤治療は使用する抗癌剤の種類でコードが変わります。

循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx9910xx狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし1972.93.060.51%69.36
050050xx0200xx狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし1184.944.360.00%70.23
050130xx9900xx心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし11118.2317.3521.62%81.64
050030xx97000x急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし7610.9911.873.95%70.91
050070xx01x0xx頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし695.334.790.00%65.29

 件数が1番多い疾患は、冠動脈(心臓自体に血液を送る血管)の狭窄状態を見るための検査入院で、2番目はその検査で治療が必要とされた場合の入院です。治療は、狭窄部位でバルーンを拡げて血管を拡張したり、その部分にステントを留置したりして血流を確保します。
 3番目の心不全は、狭心症や心筋梗塞、心臓弁の不具合などの基礎疾患が原因で、心臓の働きが弱り、全身的に影響が出てくる状態をいいます。

呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし1453.953.30.00%73.07
040110xxxxx0xx間質性肺炎 手術・処置等2なし8024.1418.4212.50%75.51
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし5316.3216.3273.58%85.79
040040xx99040x肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし4110.179.070.00%68.85
040040xx9900xx肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし4114.5113.1221.95%73.51

1番目が主に肺の悪性腫瘍に対する検査(肺生検)で、4番目は肺の悪性腫瘍の抗癌剤治療となっています。
 また、誤嚥性肺炎や間質性肺炎に対する治療も多く行っております。

呼吸器外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x00x肺の悪性腫瘍 あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし448.6810.470.00%70.73
130030xx97x00x非ホジキンリンパ腫 あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし8.18
160450xx99x10x肺・胸部気管・気管支損傷 なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし10.84
160450xx99x00x肺・胸部気管・気管支損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし9.48
040200xx01x00x気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし9.86

 肺もしくはその周辺の悪性腫瘍や気胸に対する手術を行うための入院が大半を占めています。

心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050170xx03000x閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし955.055.323.16%74.53
050163xx03x1xx非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり8018.7315.187.50%78.55
110280xx03x0xx慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし218.434.633.33%67.9
050163xx03x0xx非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし2012.3511.0610.00%77.95
050170xx03001x閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病あり1813.339.6116.67%72.67

 下肢の閉塞性動脈疾患に対する治療が多くあるほか、大動脈瘤に対するステントグラフト(人工血管内にステントを内装したもの)による治療(開胸手術が不要)が多く行われています。

整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等13821.725.3285.51%80.72
160690xx99xxxx胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) なし3619.8119.3477.78%81.81
160760xx97xx0x前腕の骨折 あり 定義副傷病なし363.814.990.00%53.92
070343xx97x0xx脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし3116.1615.7722.58%69
070230xx01xxxx膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等2122.123.0219.05%74.67

 股関節大腿近位骨折は高齢者の患者さんが大部分で、保存療法(手術以外の治療方法)であれば歩行の獲得は困難であり可及的早期に手術療法(骨接合術、人工骨頭置換術など)を行います。術後リハビリが長時間かかるため、リハビリ病院への転院をしていただきます。
 胸椎、腰椎骨折は骨粗鬆症を有する高齢の患者さんが多く、コルセット装着後にリハビリを行う必要があります。リハビリ病院への転院をしていただきリハビリを継続していただきます。
 前腕骨折の大部分は橈骨遠位端骨折で、転倒により生じます。一部はギプスによる保存療法での治療が可能ですが、転位や粉砕が強い場合には手術が必要となります。
 腰部脊柱管狭窄症の治療として保存療法と手術療法がありますが、保存療法の効果がない患者さんに対しては手術療法を奨めています。主に除圧術が行われていますが、不安定性を伴う場合には固定術を選択することもあります。

産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx99x40x子宮頸・体部の悪性腫瘍 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし1233.34.340.81%59.54
12002xxx01x0xx子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし319.8711.553.23%60.45
120060xx02xxxx子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等286.076.040.00%47.21
120260xx99xxxx分娩の異常 なし205.954.720.00%30.2
120010xx99x50x卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし193.684.230.00%44.37

 子宮および卵巣の悪性腫瘍に対する治療(化学療法、手術)が主となっています。

小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x0xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) なし 手術・処置等2なし806.356.131.25%0
180030xxxxxx0xその他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病なし684.6310.470.00%1.94
040090xxxxxx0x急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし484.695.830.00%0.83
040100xxxxx00x喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし445.326.240.00%3.7
080270xxxx1xxx食物アレルギー 手術・処置等1あり272.072.130.00%3.89

 新生児に関する疾患に対する治療が多くなっています。
 また、呼吸器系疾患も多く、小児は呼吸器系統がまだ未成熟のため、これらの疾患が多くなっていると思われます。

泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991xxx前立腺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり622.942.51.61%72.15
110310xx99xxxx腎臓又は尿路の感染症 なし6013.5213.1421.67%78.97
110070xx03x0xx膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし409.079.070.00%75.95
11012xxx020x0x上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし195.895.890.00%67.11
110280xx02x00x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし198.588.580.00%68.21

 最も多い分類は前立腺癌の確定診断のための検査入院で、次いで尿路感染症や急性腎盂腎炎などの治療、膀胱癌に対する経尿道的手術、末期腎不全に対するシャントの血栓除去やシャント造設などが多く行われています。

脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010030xx9910xx未破裂脳動脈瘤 なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし213.052.990.00%67.81
010040x099000x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし1919.6818.978.95%73.21
010060×2990401脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は21715.4715.4735.29%75.18
010030xx03x0xx未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし1279.358.33%72
010040x199x0xx非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) なし 手術・処置等2なし1217.522.4258.33%81.42

 脳動脈瘤の患者を多く治療しています。2番目と5番目は脳出血に対しての入院で、入院時の意識レベルによって分類が分かれています。また、脳梗塞に対しての脳保護剤(エダラボン)による治療も多く行っています。

耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030250xx991xxx睡眠時無呼吸 なし 手術・処置等1あり2122.030.00%51.62
030400xx99xxxx前庭機能障害 なし205.34.925.00%64.4
130030xx97x00x非ホジキンリンパ腫 あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし194.168.180.00%58.89
030428xxxxxxxx突発性難聴189.898.750.00%52.44
030390xx99xxxx顔面神経障害 なし169.889.010.00%62.38

 最も多いのは睡眠時無呼吸症候群の治療で、末梢性めまいなどの前庭機能障害、難聴の治療なども多く行っています。

脳神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010155xxxxx2xx運動ニューロン疾患等 手術・処置等22あり6017.316.430.00%63.65
010160xx99x10xパーキンソン病 なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし2718.8519.2125.93%74.96
010160xx99x00xパーキンソン病 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし2219.2717.8636.36%72.14
010110xxxxx4xx免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり2020.7516.1115.00%49.35
010080xx99x0x1脳脊髄の感染を伴う炎症 なし 手術・処置等2なし 重症度等15歳以上1921.4716.7431.58%63.32

 筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの難病疾患を多く取り扱っております。

血液内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x4xx非ホジキンリンパ腫 なし 手術・処置等24あり777.3110.666.49%68.97
130010xx97x2xx急性白血病 あり 手術・処置等22あり2436.9637.468.33%51.38
130030xx97x50x非ホジキンリンパ腫 あり 手術・処置等25あり 定義副傷病なし1834.3331.1711.11%71.56
130030xx99x5xx非ホジキンリンパ腫 なし 手術・処置等25あり1813.6119.925.56%57.44
130030xx99x0xx非ホジキンリンパ腫 なし 手術・処置等2なし179.829.155.88%74.53

 悪性リンパ腫や白血病などの、造血器悪性疾患の患者が主なものとなっており、最も多いのは非ホジキンリンパ腫に対する化学療法の症例であり、リツキシマブを使用する症例となっています。

救命救急科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし3314.0320.5760.61%83.64
161070xxxxx00x薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし3343.76.06%42.45
180010x0xxx0xx敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし2718.7419.2248.15%82
100393xx99xxxxその他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 なし269.6510.2823.08%67
110310xx99xxxx腎臓又は尿路の感染症 なし2213.8213.1445.45%84.95

 当院は、道南地域の3次救急を担う救命救急センターを有しており、重症な救急患者を多数扱っております。その中でも精神疾患からくる薬物の多量服薬の患者が多くなっています。

放射線科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx03x0xx慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし1131.064.60.00%68.07
040240xx97x0xx肺循環疾患 あり 手術・処置等2なし6.55
050200xx97xxxx循環器疾患(その他) あり10.05
110280xx02x01x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病あり18.52
110280xx9900xx慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし10.39

 透析シャント機能低下に対する日帰り入院が多くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌813230107134618
大腸癌73731541952511818
乳癌36465718
肺癌4712741401564818
肝癌4928258018

※ 1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約

 国際対がん連合会(UICC)によって定められた、がんの大きさ・広がり・深さによる進展状況(T分類)、領域リンパ節への転移の有無やその範囲(N分類)、遠隔転移の有無(M分類)の3つの要素よって、0期(早期)~Ⅳ期(末期)のステージに分類するものです。がんが上皮内または粘膜固有層に限局している状態の場合は0期となり、今回0期の早期がんは除外しⅠ期~Ⅳ期の進行がんについて集計しています。
 ステージⅣの割合が比較的多くなっていますが、これは同一の患者さんが抗がん剤治療や放射線治療目的のため入退院を繰り返す場合で、それぞれを集計しているためであり、実数としては多くありません。肺がんの不明数が多いのは、確定診断を得るための検査入院の場合で、病理組織診断結果が退院後となるため、不明として集計されることによるものです。胃がんにおけるⅠ期の患者数が他のステージや他のがん腫より多いのは、健康診断や内視鏡検査の進歩により早期に発見される場合が多くあると考えられることと、胃がんは通常0期とするがんが上皮内や粘膜固有層に限局している場合Ⅰ期とするルールがあるためと考えられます。乳がんのⅠ期とⅡ期が多いのは、乳腺のしこり等の自覚症状による受診により乳がんと診断されるケースが多くあり、比較的早期に発見されることが多くあるためです。
 なお、初発とはがんの診断のみまたは診断および初回治療を実施した場合で、再発とは初回治療後に一旦軽快または寛解したがんが別な部位に転移した場合であり、それぞれ重複はしておりません。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症1511.6755.13
中等症7817.7877.26
重症2023.6583
超重症
不明

 この指標で言う成人市中肺炎とは、よく「風邪をこじらせて肺炎になった」という時の肺炎を指すもので、誤嚥性肺炎やウイルス性肺炎は含まず、細菌感染のものを集計しています。
 重症度と平均在院日数、平均年齢を見ると重症化するほど在院日数は長くなり、平均年齢も高くなっているのが解ります。
 加齢とともに呼吸器系統は弱くなってくるため、直接的な死因となる場合も多くありますので、注意を要する疾患と思われます。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内17325.5876.2151.45%
その他

 脳梗塞に対する治療開始の目安は、3日以内とされています。これは、まずは血栓自体を融解する薬の使用開始限度が発症3時間以内、これに間に合わなかった場合などは脳細胞の死滅を緩和できる薬の使用開始限度が3日以内となっているためです。
 これらのことから、3日以内の症例が多い医療機関は、脳梗塞に対する急性期治療体制が整っている病院といえます。
 また、脳梗塞の転院率が高いのは、急性期治療が一段落した後は、残存した障害等に対するリハビリが中心の治療となるため、その体制が整った医療機関に移り治療を継続することになります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ここでは、輸血を除き、診療科まごとに多い手術を集計しています。
集計は、手術毎に付けられているKから始まるコードで行っています。

消化器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)3490.311.20.29%67.79
K688内視鏡的胆道ステント留置術1152.1713.638.70%75.99
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)974.3711.495.15%69.3
K6871内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)501.528.048.00%76.38
K654内視鏡的消化管止血術470.949.6210.64%72.09

 大腸ポリープを内視鏡を使用して取る手術が最も多く行われています。次いで胆道や膵管のつまりを改善する内視鏡的ステント留置術、化学療法のためのポート作成、なども多く実施されています。

消化器外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術741.074.280.00%64.27
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術683.3410.752.94%74.62
K6335鼠径ヘルニア手術351.032.60.00%72.49
K740-22腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)292.3113.246.90%69.24
K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)240.583.964.17%30.08

 大腸癌や胆嚢炎、虫垂炎など様々な消化器の疾患に対して腹腔鏡を使用した手術が多く行われております。患者さんの負担が少なくなるよう、安全性を考慮した上で可能な限り腹腔鏡を使用した手術が増えています。

乳腺外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K4762乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))3114.740.00%66.39
K4763乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))1717.710.00%64.71
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)173.186.290.00%55.53
K4765乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)
K6112抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢)

 乳癌の切除や、乳癌の化学療法のためのポート作成の手術が中心で行われています。

循環器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)1062.624.120.94%69.11
K555-22経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術)739.1817.828.22%83.81
K5951経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)652.233.651.54%67.35
K5461経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞)490.0212.738.16%70.51
K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)473.1110.456.38%79.21

 冠動脈の閉塞を治療するステント治療を主に行っています。手首や足などの血管からカテーテルを挿入して治療しますので、負担は小さく入院期間も短く済んでいます。 また、経カテーテル大動脈弁置換術は、胸を開かず、心臓が動いている状態でカテーテルを使用して人工弁を心臓に装着する治療法で、通常の開胸手術よりも患者さんの負担が少なくて済みます。道南では当院のみで行われています。

呼吸器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)583.4719.621.72%70.76
K6153血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他)109.19.820.00%75.7
K386気管切開術
K682-2経皮的胆管ドレナージ術
K783-2経尿道的尿管ステント留置術

 肺癌の患者さんなどへ抗癌剤を継続的かつ安全に点滴できるよう、胸部にポートを造りそこから中心静脈までのカテーテルを留置します。こうすることで腕に針を刺す必要がなく、行動の制限が少なくなります。

呼吸器外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)381.636.872.63%70.79
K488-4胸腔鏡下試験切除術
K514-21胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)
K5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))
K514-22胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)

 胸腔鏡を使用して、開胸せずに肺の悪性腫瘍などを取り出す手術を中心に行っています。

心臓血管外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K616四肢の血管拡張術・血栓除去術1392.2810.3410.07%73.65
K5612ロステントグラフト内挿術(腹部大動脈)752.7911.478.00%78.25
K5612イステントグラフト内挿術(胸部大動脈)363.3317.615.56%73.42
K617-6下肢静脈瘤血管内塞栓術3201.030.00%68.66
K6093動脈血栓内膜摘出術(その他)200.9516.9525.00%72.8

 下肢の閉塞性動脈疾患に対しての手術が多くなっております。カテーテルという細長く柔らかい管を使い、狭くなったり、閉塞した四肢動脈などを広げる治療法です。
 また、大動脈瘤に対し開胸手術が不要で負担の少ないステントグラフトによる手術を多数行っており、ステントという金属メッシュの管を留置することで血管を元通りの太さにする治療です。

整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)1272.6517.6382.68%79.09
K0821人工関節置換術(肩、股、膝)461.3522.0219.57%72.7
K4062骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)412.739.7829.27%58.66
K0811人工骨頭挿入術(肩、股)354.2317.7477.14%78.71
K1425脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)281.6814.6132.14%69.29

 大腿骨や前腕の骨折に対しての手術や、股や膝に人工骨頭や人工関節を入れる手術などが多く行われています。術後は外来やリハビリ病院へ転院してのリハビリ継続となります。

産婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877-2腹腔鏡下腟式子宮全摘術3414.650.00%46.38
K8882子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)250.923.64.00%52.8
K8961会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶ)23000.00%32.48
K8982帝王切開術(選択帝王切開)222.145.860.00%30.86
K879子宮悪性腫瘍手術161.259.256.25%63.63

 子宮や卵巣などの腫瘍に対して、負担の少ない腹腔鏡を使用した手術を中心に行っています。
 また、平成27年より産科を再開、地域周産期母子医療センターとしてハイリスク妊娠を扱うことが多く、帝王切開術も多くなっています。

泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)411.516.370.00%76.22
K783-2経尿道的尿管ステント留置術342.829.4114.71%70.94
K6121イ末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純)273.073.0714.81%69.19
K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザー)202.552.550.00%67.35
K7981膀胱結石摘出術(経尿道的手術)101.41.40.00%75.4

 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)とは、開腹せずに手術用内視鏡を尿道から膀胱内に挿入し、膀胱内の腫瘍を内視鏡用電気メスにて切除します。
 その他には、尿路におけるおしっこの通過障害などの深刻な合併症のリスクを低減するための尿管ステント留置術が多く行われています。

脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K178-4経皮的脳血栓回収術181.5635.3950.00%78.89
K1781脳血管内手術(1箇所)161.2515.3812.50%57.56
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術130.2312.4630.77%81.15
K609-2経皮的頸動脈ステント留置術113.738.189.09%78.82
K1643頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)11125.2772.73%67.82

 経皮的脳血栓回収術は、カテーテルを足の血管から挿入して、頭の中の脳血管へ進め、血管を塞いでいる血栓を回収し、閉塞した脳血管を再開通させます。
 慢性硬膜下血腫とは少しずつ血液が漏れだし血の固まりが出来る疾患で、放っておくと脳を圧迫してさまざまな影響が出る場合があります。小さな穴を頭蓋骨にあけて、そこから血腫を洗い流します。
 頚動脈の狭窄に対して、体への負担の軽い頚動脈ステント留置術も行っています。

耳鼻咽喉科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6261リンパ節摘出術(長径3cm未満)2012.10.00%58.75
K340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)1015.40.00%56.3
K3772口蓋扁桃手術(摘出)
K3932喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)
K309鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術

 リンパ節摘出術は、頚部のリンパ腫の生検のためにリンパ節を摘出する手術です。
 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)は内視鏡を利用して副鼻腔内の粘膜を取り除く手術です。
 口蓋扁桃手術(摘出)は、いわゆる扁桃腺を切除する手術です。

脳神経内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)101223.530.00%67.8
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K386気管切開術
K654内視鏡的消化管止血術
K5973ペースメーカー移植術(リードレスペースメーカー)

 難病などで口からの食事が出来ない方や、むせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、中心静脈注射のカテーテル設置や胃瘻造設術(胃に直接流動食を流すための穴をあける手術)を行っています。

血液内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)4112.6326.279.76%65.85
K9212ロ造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植)140.51.5714.29%55.57
K783-2経尿道的尿管ステント留置術
K6261リンパ節摘出術(長径3cm未満)
K654内視鏡的消化管止血術

 抗癌剤用のポート造設が一番多く行われております。
 次に多い末梢血幹細胞採取ですが、血流中に存在する造血幹細胞(各血球の元になる細胞)を取り出すものです。

放射線科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K616-41経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回)1040.0700.00%67.9
K616-42経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施)10000.00%70.2
K6153血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他)
K5612イステントグラフト内挿術(胸部大動脈)
K6121イ末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純)

 人工透析用のシャント(人工血管)に対して、血管造影をしながら狭くなった血管を風船で広げる手術や詰まった血管の中にある血の塊を取り除く手術を日帰り入院で行っています。

小児科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K9131新生児仮死蘇生術(仮死第1度)1207.670.00%0
K653-3内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
K616-41経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回)
K851-31癒合陰唇形成手術(筋層に及ばない)
K0052皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)

 出生の際に呼吸循環系の確立が順調に行われない状態の新生児に対しての蘇生術や、異物誤飲に対する内視鏡下の摘出術などが行われています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 以下の4つの疾病について集計したものです。
 入院契機については、「同一」とあるのは、もともとその疾病の治療を目的に入院した場合、「異なる」とあるのは、
他の疾病の治療を目的に入院したが、入院後に発症した場合になります。
 発生率は、全退院患者に対する割合になります。

○播種性血管内凝固症候群(DIC)
 血液中には、血を固める働きをする物質とそれを阻害する物質が絶妙のバランスで存在しているため、滞ることなく常に流れています。
 しかし、そのバランスが崩れたとき、体内のいたるところで血栓が出来はじめ、その血栓が臓器への血流を遮断し、多臓器不全を引き
起こしたりすることに加えて、血栓で止血物質が消費されてしまい、出血した際に血が止まらなくなってしまう状態になってしまう疾病です。

○敗血症
 私たちが生活する環境の中には、無数の細菌やウイルス、有害物質が存在しています。
 そのような中で病気にならず生活出来るのは、免疫によって異物を除去する機能があるからです。
 その機能が弱まったり、免疫をすり抜けてしまった場合に感染症を引き起こします。
 敗血症は、増殖した細菌などが血液中に入り込み、体中に炎症などが起きてしまう疾病です。

○その他の真菌感染症
 真菌とはカビのことです。免疫機能をすり抜けて体内で真菌が増殖してしまった状態です。

○手術、処置等の合併症
 人間の体腔内は無菌です。手術をするということは、その無菌状態の体腔を外気にさらすことになります。手術室内は充分な空気清浄を
行っていますが、チリを0にすることは物理的に不可能です。
 また、術創を縫い合わせますが、最終的に細胞同士がくっつかなければ傷口は閉じません。
 このように手術をするというだけでリスクがあるということをまずご理解下さい。
 当然ではありますが、感染症に対する予防や術創の管理は十二分に行っているものの、患者さんの状態により、
感染症が起きたり、出血が起こったりする場合があり、そのような状態になったものなどを手術、処置の合併症として集計しています。

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる
180010敗血症同一760.0.67%
異なる660.58%
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一540.53%
異なる

 敗血症の「同一」が多くなっているのは、当院が救命救急センターを有しているため、そのような状態の患者さんが救急搬送されてくることが要因と考えられます。
 手術・処置等の合併症の「同一」には透析用シャント狭窄・閉塞の修正や創部感染などがあります。

更新履歴

2022.09.30 令和3年度 病院指標を公開しました。