病院について 倫理委員会 > 既存試料の保存と利用に関する包括同意について


市立函館病院での既存試料(残余検体、凍結血清等)の保存と利用に関する包括同意について

臨床検査は現代医療にとって不可欠の基盤であり,臨床検査終了後の既存試料は,重要な医学情報源であり,残余検体を適切に保存,利用活用して臨床医学を推進することは,医療人の重要な努めと考えます。臨床検査終了後の残余検体(既存試料)は医療廃棄物として処理されますが,その一部は従来保存され,業務,教育,研究に活用されてきました。市立函館病院では,研究対象者に新たな侵襲を加えず,介入研究に当たらない疫学研究,観察研究に相当する場合,既存試料,保存血清等を個人情報の厳重な管理のもと,研究対象者に新たな苦痛や不利益をもたらすこと無く利用させて頂く場合が有ります。既存試料には,特定の研究計画書が作成されるまでに存在する試料,研究計画書の作成以降に取得された試料で,取得の時点で当該研究計画書の研究に用いられることを目的としていなかったものが含まれます。試料の使用にあたっては,守秘義務の遵守,管理を十分に行い,既存試料は匿名化して使用します。既存試料を新たな研究の対象とする場合,医学系指針に基づいて,匿名化して使用します。こうした二次利用の場合,その研究に関しては,当院の倫理委員会の承認と,院長の許可を得て研究を実施します。特定の個人を識別できる試料,情報の場合,当該既存試料の利用目的を研究対象者に公開し,研究が実施されることについて,研究対象者が拒否できる機会を保証します。既存試料は管理者が責任を持って廃棄します。既存試料を他機関へ提供する場合,試料が特定個人を識別できない場合に限って,倫理委員会の承認と院長の許可を得て提供します。この場合,提供に係る記録を作成し,一定期間保管します。この既存試料の保存と利用に関して同意が得られない場合,診療において不利益となることはありません。同意の得られない方は不同意確認書の提出をお願いします。


連絡先:市立函館病院 中央検査部
担当者:秋田 隆司(中央検査部技師長)
電 話:0138-43-2000 (内線)3261
責任者:成瀬 宏仁(副院長・中央検査部長)