本文へスキップ 病院へのお問い合わせなどフッダーへ移動

ホーム > 病院について >  がん診療に関する当院の取組み >臨床試験・治験について

ここから本文です

臨床試験・治験について

 がん診療は絶えず進歩し、新しい治療法や薬剤が開発されます。それがどのような患者さんにどの程度役立つのか、また安全性に問題はないのかなどを患者さんにご協力いただきながら臨床試験・治験が行われています。


 『臨床研究』とは、病気の原因や進行のしくみを解明すること、病気の早期発見や新しい治療の方法を開発すること、そして予防や快適な生活への復帰を実現することをめざして行われる医学的な研究で、人を対象に行われるすべての研究を指します。


 臨床研究のうち、薬剤、治療法、診断法、予防法などの安全性や有効性を評価することを目的として行う試験が『臨床試験』です。


 また、臨床試験の中でも特に、厚生労働省から薬・医療機器としての承認を得ることを目的として行う試験を『治験』といいます。


 臨床試験・治験には、安全性や効果の確認、従来の標準的治療との比較などのいくつかの段階があり、その結果、新しい治療法が従来の治療法より優れていることが確認されれば、それが新しい標準的な治療法となります。


 これらの試験は一施設で単独で行われるものではなく、多数の施設が参加し、全国規模で行われるものが大半です。


 臨床試験・治験を行うにあたっては、その内容が参加していただく患者様に安全に行われるものであるか、また患者様への倫理的配慮が十分に行われているかを、事前に倫理委員会や治験審査委員会で審査を行っています。


 がん診療の成績は少しずつではありますが、着実に向上しています。この進歩は、これまでの臨床試験・治験に参加していただいた多くの患者様の協力によりもたらされたものです。


 個々の患者様に臨床試験・治験を行うに当たっては、担当医が十分に説明を行い、患者様の同意を得た上で実施いたします。臨床試験・治験への参加に不同意の場合、あるいは一度同意した後に撤回なされた場合でも患者様に診療上の不利益が生じることはありません。

倫理委員会についてはこちら > 治験審査委員会についてはこちら >
本文はここまでです
ページの先頭へ