本文へスキップ
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

 「診断群分類」は英語では「Diagnosis Procedure Combination」となりますが、この頭文字をとって診断群分類を「DPC」と
呼んでいます。
 DPCは14桁のコードで表されています。最初の6桁がいわゆる病名を表し、その後に、手術の有無、その病気に多く行われる
処置等、関連する別の疾病の有無などがルールに従ってコード化されています。
 ここでは、当院の標榜診療科ごとにDPCコードごとの患者数上位5位までを示しております。
 集計される診療科は退院時点の診療科となっています。
 なお、年間10症例に満たない場合は、具体的な数を表示せず「-」と表示することとされています。(指標の6も同様です)

消化器内科 消化器外科 乳腺外科 循環器内科 呼吸器内科 呼吸器外科 心臓血管外科 整形外科 産婦人科 小児科 泌尿器科 脳神経外科 形成外科 眼科 耳鼻咽喉科 脳神経内科 血液内科 救命救急科


消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 397 2.60 2.63 0.25% 67.36
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 113 5.61 4.40 0.00% 65.04
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 107 11.98 9.79 8.41% 73.61
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 52 13.58 10.25 3.85% 76.90
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 48 7.40 4.26 0.00% 70.81
 2~3日の入院で済む大腸のポリープ切除による入院が最も多く、次いで結腸(=大腸)から肛門までの間のがんに対する抗癌剤治療、胆管結石や胆管炎に対しての内視鏡治療、肝臓のがんに対する治療などが多く行われています。

消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 71 6.41 7.13 0.00% 62.42
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 58 3.83 4.85 0.00% 67.79
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 49 13.80 15.02 6.12% 75.88
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 40 5.28 5.45 2.50% 38.88
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 7.07 8.89 3.70% 73.67
  胆嚢摘出術・ヘルニア・大腸がん・虫垂炎などに対して、創が小さく体への負担は少ない腹腔鏡を用いた手術を多く行っております。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 33 10.55 10.34 0.00% 64.91
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 なし 手術・処置等24あり 23 5.87 4.25 0.00% 61.39
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 22 7.09 6.10 4.55% 66.32
090010xx97x40x 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 13 9.00 7.08 0.00% 62.77
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 なし 手術・処置等22あり 13 28.54 29.20 15.38% 70.31
 すべて乳癌の治療となっております。1・3・4番目は手術を行った場合、2番目は入院で抗癌剤治療、5番目は入院で放射線治療を行った場合です。使用する抗癌剤の種類でコードが変わります。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 292 2.89 3.01 0.68% 69.89
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 135 5.29 4.40 0.00% 71.38
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 109 19.27 17.71 22.94% 78.07
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 74 14.07 12.37 9.46% 68.62
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 58 2.83 3.15 0.00% 73.81
 件数が1番多い疾患は、冠動脈(心臓自体に血液を送る血管)の狭窄状態を見るための検査入院で、2番目はその検査で治療が必要とされた場合の入院です。治療は、狭窄部位でバルーンを拡げて血管を拡張したり、その部分にステントを留置したりして血流を確保します。
 3番目の心不全は、狭心症や心筋梗塞、心臓弁の不具合などの基礎疾患が原因で、心臓の働きが弱り、全身的に影響が出てくる状態をいいます。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 132 3.31 3.34 2.27% 70.53
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 89 22.78 18.84 15.73% 74.11
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 78 14.97 9.59 3.85% 72.87
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 66 28.58 20.84 53.03% 83.62
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 49 16.71 14.62 20.41% 74.27
 1番目が主に肺の悪性腫瘍に対する検査(肺生検)で、3番目は肺の悪性腫瘍の抗癌剤治療となっています。
また、誤嚥性肺炎や間質性肺炎に対する治療も多く行っております。 

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 あり 手術・処置等2なし 68 11.32 11.51 0.00% 69.09
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 13.80 10.18 10.00% 53.10
160450xx99x10x 肺・胸部気管・気管支損傷 なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし - - 10.79 - -
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 9.75 - -
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - 9.26 - -
 肺もしくはその周辺の悪性腫瘍や気胸に対する手術を行うための入院が大半を占めています。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 116 4.90 5.34 0.86% 74.97
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 76 14.76 15.67 9.21% 78.17
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 44 2.43 2.78 0.00% 69.50
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 20 10.45 11.75 5.00% 81.55
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 18 27.44 23.77 0.00% 66.94
 下肢の動脈瘤等の疾患に対する治療が多くあるほか、大動脈瘤に対するステントグラフト(人工血管内にステントを内装したもの)による治療(開胸手術が不要)が多く行われています。
 その他下肢静脈瘤の手術、全身に血液を送り出す働きをしている心臓の弁の動きが悪くなった際に、人工の弁に置換する手術も多く行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 109 21.35 25.94 88.99% 80.77
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) なし 定義副傷病なし 55 16.62 19.40 74.55% 78.04
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 46 14.02 15.61 13.04% 55.89
160760xx97xxxx 前腕の骨折 あり 32 5.44 5.54 3.13% 64.78
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 28 19.07 16.54 21.43% 71.21
 股関節大腿近位骨折は高齢者の患者さんが大部分で、保存療法(手術以外の治療方法)であれば歩行の獲得は困難であり可及的早期に手術療法(骨接合術、人工骨頭置換術など)を行います。術後リハビリが長時間かかるため、リハビリ病院への転院をしていただきます。
 胸椎、腰椎骨折は骨粗鬆症を有する高齢の患者さんが多く、コルセット装着後にリハビリを行う必要があります。リハビリ病院への転院をしていただきリハビリを継続していただきます。
 腰部脊柱管狭窄症の治療として保存療法と手術療法がありますが、保存療法の効果がない患者さんに対しては手術療法を奨めています。その際、本当に手術が必要なのか判断するために脊髄造影検査およびリハビリの評価を受けていただいています。脊髄造影検査およびリハビリ評価は日帰り入院で行われます。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 117 3.68 4.58 0.00% 57.56
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 68 3.59 4.82 0.00% 58.50
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし 40 3.20 4.27 0.00% 59.45
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 36 8.89 6.09 0.00% 45.39
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 29 3.07 4.39 0.00% 55.45
 子宮および卵巣の悪性腫瘍に対する治療(化学療法、手術)が主となっています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 98 3.80 5.73 0.00% 2.07
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 75 5.71 6.17 1.33% 0.00
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 62 3.37 5.39 0.00% 4.10
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 60 4.58 6.64 0.00% 3.68
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 43 3.91 6.19 0.00% 1.28
 呼吸器系疾患が上位を占めております。小児は呼吸器系統がまだ未成熟のため、これらの疾患が多くなっていると思われます。
 また、産科を再開したことによるお産の増加に伴い、新生児に関する疾患に対する治療も増加しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 なし 定義副傷病なし 52 12.98 12.58 9.62% 72.33
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 40 2.50 2.49 0.00% 72.35
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 35 9.83 7.25 0.00% 70.91
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 28 7.79 5.61 3.57% 63.57
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 17.13 8.48 12.50% 69.79
 最も多い分類は尿路感染症や急性腎盂腎炎等による治療で、次いで前立腺癌の確定診断のための検査入院、膀胱癌に対する経尿道的手術、尿管結石を除去する手術、末期腎不全に対するシャント造設術などが多く行われています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 21.20 18.81 75.00% 68.60
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 13.25 11.86 20.00% 73.20
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 17.79 16.13 57.89% 65.05
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 9.12 7.34 17.65% 69.53
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 25.75 20.96 66.67% 75.33
 1番目と5番目は脳出血に対しての入院で、入院時の意識レベルによって分類が分かれています。また、脳梗塞に対しての脳保護剤(エダラボン)による治療や、頭部外傷や慢性硬膜下血腫の患者も多く扱っています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.01 - -
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり - - 5.94 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 7.90 - -
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.55 - -
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 なし 手術・処置等2なし - - 21.67 - -
 粉瘤などの皮膚の良性新生物に対する手術の分類が最も多くなっています。他にも皮膚がんなどによる皮膚の悪性新生物に対する手術や、糖尿病による下肢の皮膚潰瘍に対しての手術なども行っております。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等片眼 38 3.34 2.78 0.00% 75.50
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等両眼 30 9.00 5.09 0.00% 76.73
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 あり 手術・処置等2なし - - 3.10 - -
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 なし 手術・処置等2なし - - 6.80 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 あり - - 3.27 - -
 老人性白内障に対する水晶体再建術に対しての入院が大半を占めています。
(令和2年10月1日現在、入院での手術は実施しておりません)

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 なし 31 8.94 5.45 0.00% 44.32
030400xx99xxxx 前庭機能障害 なし 20 5.20 5.01 0.00% 64.15
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) なし 19 9.00 8.18 0.00% 48.63
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 17 7.88 6.80 0.00% 53.00
030428xxxxxxxx 突発性難聴 13 10.00 8.93 0.00% 62.08
 最も多いものは扁桃炎の治療で、末梢性めまいなどの前庭機能障害や難聴の治療、副鼻腔炎の内視鏡手術なども多く行っています。

脳神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010130xx99x4xx 重症筋無力症 なし 手術・処置等24あり 30 16.83 17.16 0.00% 66.17
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 25 25.04 15.90 16.00% 56.12
010160xx99x10x パーキンソン病 なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし 25 27.32 19.79 36.00% 77.00
010200xx99x00x 水頭症 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 18.67 6.93 23.81% 76.29
010230xx99x00x てんかん なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 11.76 7.10 0.00% 59.94
 重症筋無力症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、パーキンソン病などの難病疾患を多く取り扱っております。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 80 7.58 15.79 7.50% 67.71
130010xx97x2xx 急性白血病 あり 手術・処置等22あり 45 35.78 39.36 2.22% 63.33
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 29 25.69 31.30 17.24% 66.52
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 29 14.90 20.30 17.24% 66.69
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 13.17 9.76 8.33% 67.42
 悪性リンパ腫や白血病などの、造血器悪性疾患の患者が主なものとなっており、最も多いのは非ホジキンリンパ腫に対する化学療法の症例であり、リツキシマブを使用する症例となっています。

救命救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 60 5.17 3.52 11.67% 44.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 21.47 20.84 46.67% 80.93
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 なし 26 14.12 9.96 42.31% 73.19
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 なし 定義副傷病なし 21 14.90 12.58 33.33% 81.86
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 19 25.79 19.29 63.16% 79.00
 当院は、道南地域の3次救急を担う救命救急センターを有しており、重症な救急患者を多数扱っております。その中でも精神疾患からくる薬物の多量服薬の患者が最も多くなっています。