ICU(集中治療部)

 市立函館病院の集中治療部は10床を有し、一般病棟では管理が難しい重症肺炎や急性心筋梗塞、敗血症性ショックなどの急性期の重症な呼吸・循環不全患者や、大手術後の患者、種々の合併症を有する手術後患者に対して、高度な医療機器と専門的技術・知識を駆使して全身管理を行っています。医療機器として最新のモニタリング装置の他、人工呼吸器や心肺補助装置(PCPS/ECMO)、大動脈バルーンパンピング(IABP)、さらに持続的腎補助療法(CRRT)などの血液浄化装置などを有しており、24時間体制で高いレベルの医療を提供しています。

 質の高い集中治療の提供に欠かせないのがチーム医療です。集中治療医を中心に各診療科の医師や、集中治療に特化した技術・意識を有する看護師、臨床工学技士、理学療法士、薬剤師、管理栄養士など様々な職種が、協力し合って日々治療に尽力しています。患者さんが急性期の重篤な状態から回復し、一日も早く一般病棟に移って、さらには社会復帰していただけることが我々集中治療部の目標です。

実績

実積症例数2019年度2020年度2021年度
入室症例数804803882
人工呼吸症例数193221216
PCPS/ECMO症例数243224
IABP症例数243836
CRRT症例数547473

スタッフ紹介

副院長・部長

今泉 均(いまいずみ ひとし)Hitoshi Imaizumi

主な経歴

昭和56年 札幌医科大学卒業
平成20年 札幌医科大学 救急集中治療部准教授
平成26年 東京医科大学 麻酔科集中治療部教授

専門分野

集中治療医学、血液浄化学、麻酔蘇生学

指導医・認定医・専門医

日本集中治療医学会(専門医
日本救急医学会(専門医、 指導医
日本麻酔科学会(専門医指導医認定医)
日本呼吸療法医学会(専門医
日本外傷学会(専門医
日本急性血液浄化学会(専門医)

麻酔科標榜医

医療部長・麻酔科科長

辻口 直紀(つじぐち なおき)Naoki Tsujiguchi

主な経歴

平成5年 旭川医科大学医学部卒業
平成13年 医学博士
平成30年 札幌医科大学医学部臨床教授

専門分野

麻酔全般・集中治療・心肺蘇生

指導医・認定医・専門医

日本集中治療医学会(専門医、 北海道支部連絡委員
日本麻酔科学会(専門医、指導医
日本循環器学会(ACLS Instructor

麻酔科標榜医

医長

児玉 萌(こだま もえ)Moe Kodama

主な経歴

平成23年 札幌医科大学医学部卒業

専門分野

麻酔科、集中治療

指導医・認定医・専門医

日本麻酔科学会(専門医

麻酔科標榜医

病院局長

氏家 良人(うじけ よしひと)Yoshihito Ujike

主な経歴

昭和50年 札幌医科大学医学部卒業
      医学博士

指導医・認定医・専門医

日本集中治療医学会(専門医
日本麻酔科学会(専門医指導医認定医
日本救急医学会(専門医、 指導医
日本臨床救急医学会(評議員
日本透析医学会(専門医
日本呼吸療法医学会(専門医

麻酔科標榜医