放射線治療科

各種悪性腫瘍に対して根治的放射線治療や緩和療法を行っています。旧来の副作用の多い放射線治療とは全く異なり、完全なコンピュータ制御による最新のリニアックを用いているため、非常に高い精度で腫瘍に放射線を集中し最低限の副作用でがんを治療することが可能であり、多くの悪性腫瘍で手術療法と同等の優れた治療が行われています。当院では、強度変調放射線治療Intensity Modulated Radiation Therapy (IMRT)に特に力を入れております。2014年からは最新機器に更新し、IMRTよりもさらに高度な治療法である回転型強度変調放射線治療Volumetric Modulated Arc Therapy (VMAT)および画像誘導放射線治療Image Guided Radiation Therapy (IGRT)を導入しています。

 特に、当院では施設認定を受けた特殊な高精度治療法がいくつかあります。

  1. 良性・悪性脳腫瘍の定位放射線照射により、ガンマナイフと同等の効果が得られます。
  1. 呼吸同期システムを用いた原発性・転移性肺腫瘍・肝腫瘍の定位放射線照射により、短期間でピンポイント照射が通院で可能です。
  1. 強度変調放射線治療Intensity Modulated Radiation Therapy (IMRT)により、前立腺癌・頭頸部癌・脳腫瘍・その他全ての悪性腫瘍に対して、腫瘍に限りなく高線量を集中しつつ、周囲正常組織への不要な照射を最小限にすることが可能です。
  1. 回転型強度変調放射線治療Volumetric Modulated Arc Therapy (VMAT)により、IMRTを高速化させ、患者負担をより軽減した世界最先端技術を用いた治療が可能です。
  1. 画像誘導放射線治療Image Guided Radiation Therapy (IGRT)により、画像を用いた患者位置照合を行い、正確に病巣に放射線を集中し、かつ正常組織への照射を抑制可能です。
  1. 腔内照射 Remote After Loading System (RALS)により、子宮頸癌を手術せずに標準治療とされる放射線化学療法で治療が可能です。
  1. 全身照射により、血液悪性腫瘍の骨髄移植の前処置を行えます。

 当科科長は、全国組織である「市民のためのがん治療の会」によるセカンド・オピニオンを求められるがん専門医として指定されており、がん患者様のご相談にも応じておりますので、お気軽にお問い合わせください。

診療予定

受付時間午前8時30分~11時30分
午後

外来診察表

平成23年10月3日より

午前喜多村喜多村喜多村
(予約のみ)
喜多村喜多村
午後放射線治療計画放射線治療計画喜多村
(予約のみ)
放射線治療計画放射線治療計画

※水曜日は予約診療のみとさせていただきます。

スタッフ紹介

科長

喜多村 圭(きたむら けい)Kei Kitamura

主な経歴

平成6年 旭川医科大学医学部卒業
平成13年 北海道大学医学部付属病院放射線部助手
平成14年 MD Anderson Cancer Center, University of Texas客員講師
平成16年 北海道大学大学院医学研究科

専門分野

前立腺癌の高精度放射線治療、強度変調放射線治療 (IMRT)
肺腫瘍・肝腫瘍などの呼吸同期システムによる体幹部定位放射線治療
脳腫瘍に対する定位手術的放射線治療

指導医・認定医・専門医

日本放射線腫瘍学会(専門医
日本医学放射線学会(専門医
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医

医員

井浦 孝紀(いうら こうき)Koki Iura

主な経歴

平成28年 旭川医科大学医学部卒業