婦人科

 婦人科では「良性・悪性腫瘍の診断・治療」を中心とした診療を行っています。現在の当科での診療内容は以下の通りです。

  1.  治療ガイドラインに基づく悪性疾患(子宮がん、卵巣がんなど)に対する標準的診療
    1.  様々な癌に対する開腹術での拡大的根治摘出手術や腹腔鏡手術(健康保険適用のある子宮頸癌、子宮体がんでの根治手術、子宮体がんにおける傍大動脈領域のリンパ節摘出術)
    2.  進行子宮頸癌での腔内照射装置(RALS)による局所放射線治療や、そのほかの癌での予防的あるいは再発に対する放射線治療
    3.  進行、再発癌に対する標準的化学療法(遺伝子診断による癌治療薬も含む)
    4.  BRCA遺伝子診断に基づいた遺伝専門医によるカウンセリング
  2.  良性疾患(子宮筋腫・腺筋症や卵巣・卵管腫瘍、子宮内膜症、骨盤性器脱など)に対する腹腔鏡手術および開腹手術・腟式手術
  3.  不正出血、月経不順、更年期症状など一般的な良性婦人科疾患に対する薬物治療および婦人科がん検診(子宮がん検診、卵巣超音波検査など)

 標準的治療法が定まっていない稀少な疾患についての診断・治療についても可能な場合は当科で治療を行いますが、当科以外で治療をご希望される方は特段のご希望がない場合札幌医科大学産婦人科等をご紹介いたします。
体外受精などの不妊治療で当科での診療内容を超える場合は連携・協力病院をご紹介いたします。

*現在、当院では新規受診患者さんについては新型コロナウイルス感染症の影響のため、他医よりの紹介状をお持ちの方に限定となっています。当院に受診される際には紹介状をご持参ください。

  1.  悪性疾患に関する診療の詳細はこちら
  2.  良性疾患に関する診療の詳細はこちら