耳鼻咽喉科

 当院耳鼻咽喉科は難聴、中耳炎、鼻アレルギー、副鼻腔炎、扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群など耳鼻咽喉科領域の一般的な疾患、頭頸部領域の疾患、救急疾患にオールラウンドに対応しています。


<対象となる疾患と診療内容>

耳鼻咽喉科一般で扱う主な疾患は以下のものです。

  1. 耳の病気
    聞こえが悪くなる、耳だれが出る、耳が痛くなる、めまいがするなどの症状が出ます。

    主な疾患:外耳道炎、耳垢栓塞(みみあか)、鼓膜穿孔、中耳炎(急性中耳炎・慢性中耳炎・滲出性中耳炎・真珠腫性中耳炎など)、難聴、耳鳴(みみなり)、メニエール病、良性発作性頭位眩暈症など
  2. 鼻の病気
    鼻水、鼻づまり、くしゃみ、顔の痛み、匂いがしないなどの症状が出ます。

    主な疾患:アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻茸、鼻出血、上顎腫瘍、嗅覚障害など
  3. のどの病気
    のどの痛み、声のかすれ、飲み込みずらい、息がしずらい、いびき、無呼吸などの症状が出ます。

    主な疾患:扁桃炎、咽喉頭炎、扁桃肥大、睡眠時無呼吸症候群、声帯ポリープ、喉頭がんなど
  4. 口の中の病気
    口の中の痛み、しみる、味がわからないなどの症状が出ます。

    主な疾患:口内炎、舌炎、味覚障害、舌腫瘍など
  5. くびの病気
    首が腫れる、痛むなどの症状が出ます。

    主な疾患:唾液腺炎(耳下腺炎、顎下腺炎)、頚部リンパ節炎、頚部嚢胞 など

これらの疾患にたいして、外来および入院にて治療を行っています。


<睡眠時無呼吸症候群の検査のご案内>

睡眠時無呼吸症候群の検査をはじめました


<アレルギー性鼻炎に対する新しい治療!根本から治す可能性がある“舌下免疫療法”について>

 なにかしらのアレルギー性疾患を抱えている人は国民の3人に1人と言われており、花粉症・アレルギー性鼻炎でつらい思いをしている方はたいへん多いです。
 これまでの治療としては、マスクの使用、抗原の回避や、内服・点鼻などがメインでしたが、新しい治療として簡単に施行できる“舌下免疫療法”が開発されました。2014年にスギ花粉に対して、2015年にはダニアレルギーに対して舌下免疫療法が保険適用となりました。
 また2018年からは小児適応も追加され、自宅で簡単に根本的な治療ができるようになりました。
 アレルギー性鼻炎でお悩みの方は、当科へご相談されてはいかがでしょうか。

治療の流れ

注意:口の中が張れたり、かゆくなったりするなどの軽度なものから重大な副作用が起こる可能性もあるので、処方可能な医師に相談してから開始しましょう。また不安定・重症の喘息や抗がん剤を使用している方などは処方できない場合があります。