利用規約

市立函館病院メディカルシミュレーションセンター利用規程

2019年10月1日制定

(趣 旨)

第1条   本規程は市立函館病院メディカルシミュレーションセンター(以下シミュレーションセンター)の利用及び管理に関し必要な事項を定める。

(目 的)

第2条 シミュレーションセンターは、市立函館病院に籍を置く医師、研修医、看護師、医療技術職等ならびに臨床研修をおこなう医療従事者や学生、さらには地域の医療従事者や学生のための臨床技術習得、向上の場として、技術的指導、教育および教材の管理をおこなうことを目的に設置するものである。

(利用者範囲)

第3条 シミュレーションセンターを利用できる者は、次のとおりとする。

1)市立函館病院に籍を置く者
2)市立函館病院にて臨床研修をおこなう医療従事者および学生(医学生、看護・医療系学生)
3)市立函館病院が主催または共催する研修会、セミナーおよびトレーニング等の参加者
4)地域医療機関等の医療従事者
5)地域の医療系専門学校等に所属する学生
6)その他シミュレーションセンター長が必要と認める者

(利用条件)

第4条 第3条2)および5)について、その者の指導的立場にある者が必ず立ち会うこととする。

(利用時間)

第5条 シミュレーションセンターの利用時間は、原則以下のとおりとする。なお、シミュレーションセンター長が必要と認める場合は、その限りではない。

1)平日9時00分から17時00分
2)土日祝日および年末年始は、終日休館
3)ただし、第3条1)および第3条2)については、年末年始を除く平日17時00分から24時00分ならびに土日祝日9時00分から17時00分に限り、利用を認める。

(利用申請および利用手続)

第6条 利用申請および利用手続は、以下のとおりとする。

1)シミュレーションセンターの利用を希望する者は、予約状況について、あらかじめシミュレーションセンター事務局へ照会をおこなう。
2)シミュレーションセンターの利用を希望する者は、「利用許可申請書・誓約書」に必要事項を記入のうえ、原則利用日の2週間前までに提出し利用許可を得るものとする。また、利用許可書は、後日発行され利用者へ手渡される。
3)許可された申請内容に変更が生じた場合には、あらためてシミュレーションセンター長の許可を得なければならない。
4)利用は原則として先着順とする。ただし、シミュレーションセンター長が必要と認める場合には、他の者が主催する研修会等への利用を優先することがある。
5)6名以上を対象とした研修会等については、あらかじめ参加者名簿を添付しなければならない。参加者が未定の場合は、研修会等の終了日から1週間以内に必ず提出すること。

(入退館手続)

第7条 第3条1)について、シミュレーションセンターへの入退館手続きは、以下のとおりとする。他の者については、利用手続きの際に案内する。

1)平日9時00分から17時00分は、シミュレーションセンター事務局へ、開錠および施錠を依頼する。
2)平日17時00分から24時00分および土日祝日9時00分から17時00分は、中央監視室より鍵を借り受け利用者が開錠する。また退室時は、利用者が確実に施錠し中央監視室へ返却する。鍵の借用時および返却時には、中央監視室備え付けの帳簿へ必要事項を記入しなければならない。

(遵守事項)

第9条 利用に際してはシミュレーションセンター長の指示に従うこととし、以下の事項を遵守しなければならない。

1)許可された目的以外の用途での使用及び転貸をしないこと。
2)常に良識ある行動をとり、秩序・風紀の維持および設備の保全に努めること。
3)機器や備品等の設備は丁寧に取扱うこと。
4)申請した機器・備品以外には触れないこと。
5)消耗品は、原則利用者が各自で持参すること。
6)機器を改造、破壊または汚損をしないこと。
7)利用後は、機器や備品、室内の整理および清掃を行ない、原状に復帰すること。
8)使用済みの消耗品等は、所定の容器に分別廃棄すること。
9)センター内での食事および喫煙をしないこと。
10)火気の使用はしないこと。
11)空調の管理、消灯および施錠は責任をもって行うこと。
12)金銭等の貴重品は、各自が責任をもって管理すること。
13)申請した利用時間を厳守すること。
14)申請した利用者以外は入館しないこと。また、機器や備品等にも触れないこと。
15)機器や備品等をシミュレーションセンター以外へ持ち出さないこと。ただし、研修会等でやむを得ない事由のある場合については、持ち出しを許可する場合がある。その際は、あらかじめ持ち出し許可を得ること。(映像教材については、第3条1)に該当する者に限り、持ち出しを許可する)

(使用許可の取り消し)

第10条 利用者が以下のいずれかに該当することを認めた場合には、使用許可を取り消すものとする。

1)申請書に虚偽の記載があった場合。
2)前条に定める遵守事項に違反した場合。    
3)シミュレーションセンターの運営に支障があると認められる場合。

(破損等の措置)

第11条 故意または過失により設備および機器等を破損や汚損、紛失したときは、直ちに利用を中止し、シミュレーションセンター事務局へ報告しなければならない。また、自然故障や利用中の不具合等についても同様とする。ついては、以下のとおり報告をおこなうものとする。

1)平日9時00分から17時00分に生じた事象は、直ちにシミュレーションセンター事務局へ報告し指示をうけること。
2)平日17時00分から24時00分および土日祝日9時00分から17時00分に生じた事象は、平日9時00分以降の可及的速やかな時分に報告し指示をうけること。報告先は、1)に同じとする。

附則

この規程は2019年10月1日より施行する。
この規程は2019年11月1日より施行する。
この規程は2022年11月1日より施行する。