本文へスキップ 入院のご案内のサブメニューへスキップ 病院へのお問い合わせなどフッダーへ移動

各種相談窓口

ホーム > 各種相談窓口

なんでも相談コーナー

場所:2階患者サポートセンター内

受付時間:8時30分~17時15分


  • 医療福祉制度:身障手帳、障害年金、傷病手当金、自立支援、介護保険、生活保護、各種医療制度など
  • 医療費の相談:高額療養費制度など
  • 要望/苦情 :診療や施設等への要望、診療の不満や苦情、接遇など
  • 医療について:診療に対する不安や主治医との調整、診療の仕方など
  • セカンドオピニオン
  • 生活の不安や悩み

など、上記内容以外でもお気軽にご利用ください。

がん相談支援センター

場所:2階患者サポートセンター内

相談日:月曜日~金曜日 8時30分~17時00分


 がん患者様やご家族のかたは病気の診断や治療のことに加え、社会的なこと、金銭的なこと、あるいはご自宅での生活に関することなど、多くの心配や悩みをお持ちのことと思います。また、一般のかたががんに関する情報を入手することは以前に比べて容易になってきてはいますが、地域内の情報となるとまだ十分ではないと思われます。

 患者様やご家族の相談をお受けし、また地域内の情報を提供するためのがん相談支援センターを開設し、平成18年7月3日より運用を開始いたしました。

 ご相談は、当院の患者様、ご家族に限らずお受けいたします。費用はかかりません。お気軽にご相談下さい。

 ご相談ご希望のかたは、下記のご案内をご覧下さい。

【相談例】

  • 「がん」ではないかと気になるけど、どこで検査をしたら良いのだろう
  • 今受けている治療のほかに治療法はないのだろうか
  • この地域では、どこの病院や診療所がどんな検査や治療をしているのだろうか
  • セカンドオピニオンをしてくれる病院の紹介 患者はとても辛そうだけど、家族はどんなことをしてあげればいいのだろうか
  • 「がん」の医療費はいくらかかるのか知りたいのですが
  • 終末期医療を応援してくれる診療所はどこにあるか知りたい
がん相談支援センターの詳細ページへ

がん体験者によるピアカウンセリング

実施場所:本棟2階 患者図書室「フォンテ」

実施日:毎月第4週木曜日(祝祭日は除く) 13時00分~15時00分


 がん患者さん支援のためのピアカウンセリング相談を行っています。

 患者さんやご家族が抱いているがんに対する不安や悩みについて、がん患者・家族会「元気会」会員の皆さんが交代で自らの体験を生かした相談を行います。

 函館がん患者家族会「元気会」によるウィッグレンタル相談も同時に受け付けております。

  • 申込方法:電話 0138-43-2000(内線3289)
    来院 総合案内にて「ピア相談希望」とお話し下さい
  • 問い合わせ先:がん相談支援センター がん相談室 0138-43-2000(内線3289)

「患者会活動サロン」の開設

各種申込み用紙へスキップ 利用手順へスキップ 利用要綱へスキップ

当院では、平成20年8月1日から、患者団体の会員相互の交流・情報交換・学習会等の目的のため院内の施設を「患者会活動サロン」として無料で開放することといたしました。

サロンは、当院2階の会議室A(面積28.95㎡)とし、10名程度の利用が可能です。
(10名以上の場合には別途相談を受け付けます)

 利用時間帯は、土・日・祝祭日(年末年始の休日を含む)を除いた午前9時から午後8時まで(1回の利用は2時間以内)といたします。

 利用にあたっては事前に「利用登録申込書」と「利用申請書」が必要です。

患者会活動サロンの場所(JPG形式) 利用登録申込書(PDF形式48KB) 利用申請書(PDF形式21KB)

「患者会活動サロン」利用手順

  1. 使用予定日の2ヶ月前から1週間前までの予約を承っております。
  2. 事前に「利用登録申込書」と「利用申請書」を市立函館病院管理部 庶務課に提出ください。(FAX0138-43-4434でも結構です)
    「利用登録申込書」は一度登録した団体は、次回より「利用申請書」のみの提出になります。
  3. 病院長から承認がおりましたら、その旨ご通知いたします。
  4. 使用日当日は、日中(午前9時~午後5時)は、医局受付窓口で、夜間(午後5時~午後8時)は、守衛室(急患入口)で鍵を受け取り、終了後は、返却してください。
市立函館病院「患者会活動サロン」利用要綱
  1. 市立函館病院は、患者団体の会員相互の交流・情報交換・学習会等の目的の ため、患者団体に院内の施設を「患者会活動サロン」として提供するにあたり、必要な事項を定めるものとする。
  2. 「患者会活動サロン」は、会議室Aを充て、管理は管理部庶務課が行う。なお、会議室Aが利用人数等の都合で利用できないときは、別途相談を受け付ける。
  3. 「患者会活動サロン」を利用できるものは、次のとおりとする。
  4. (1)当院が承認した患者支援活動をしている「患者団体」。

    (2)その他院長が特に許可したもの。

  5. 「患者会活動サロン」利用にあたっては、土日・祝祭日(年末・年始の休日を含む)を除き、午前9時から午後8時までとし、1回の利用時間は2時間以内とする。
  6. 利用申請は、原則、利用予定日の2ヶ月前から1週間前までとする。
  7. 患者団体は、「患者会活動サロン」の利用にあたり、公共の施設であることに鑑み、営利目的・政治目的で利用することはできない。
  8. 「患者会活動サロン」の利用にあたっての手順は、次のとおりとする。
  9. (1)「患者会活動サロン」の利用は、事前に市立函館病院長に患者団体として利用登録(様式1)を提出する。

    (2)市立函館病院長は、登録申込内容を確認し、患者団体台帳に登載し、申請団体にその旨を通知する。

    (3)登録の有効期限は、2カ年とし、期限満了後は、再登録するものとする。

    (4)登録済みの患者団体が「患者会活動サロン」の利用を希望する場合は、利用申請書(様式2)に必要事項を記入し市立函館病院長へ提出する。 提出後、申請内容に変更が生じたときは、その都度、市立函館病院長へ申し出なければならない。

    (5)市立函館病院は、利用申請の内容を確認し、支障がなければ利用を承認し、申請団体に通知する。

  10. 施設利用に関わる料金(光熱水費を含む)については、患者団体の会員相互の交流・情報交換・学習会等での利用目的を考慮し、これを徴収しない。 ただし、その他経費については使用者が負担する。
  11. 「患者会活動サロン」の鍵は、午前9時から午後5時までは医局受付窓口で、午後5時から午後8時までは守衛室で受け取り、使用後は返却する。
  12. 施設利用にあたっては、この要綱で定めるもののほか、次に掲げる事項を厳守しなければならない。
  13. (1)火災予防のため火気の使用はできないこと。

    (2)室内の備付の備品等は、勝手に持ち出さないこと。

    (3)備品等の持ち込みは事前に許可を受けること。

  14. この要綱は平成20年8月1日から施行する。
ページの先頭へ