本文へスキップ 病院へのお問い合わせ
本文はここからです

妊婦健診

     

ホーム > 妊婦健診

   

妊婦健診について

 妊婦健診では、毎回胎児超音波検査を行います。4Dエコー外来は設けておりません。毎回の健診時に診察可能であれば、その度に無料で4Dエコーを行なっております。
エコー画像は毎回DVDに録画してお渡し致します。(当院で分娩予定の方のみ)DVD録画は無料です。

※赤ちゃんの写真は許可をいただいている方のみ掲載しております。

妊婦健診スケジュール

・ 妊娠8~23週       4週間に1回
・ 妊娠24~35週      2週間に1回
・ 妊娠36週~       1週間に1回

 健診時は毎回助産師が指導・相談を行なっています。分からない事、不安な事があればお気軽にご相談下さい。


妊娠8週~ 分娩予定日を決定して、妊娠届け出を当院から発行します。
母子手帳、受診券の交付をご案内します。
妊娠初期ではエコー検査は膣から行います。

妊娠12週~ 妊娠初期検査(採血、腟分泌物検査、子宮頸がん検査)を行います。
母親学級について説明、ご案内します。
特別な場合を除いて今後はお腹からエコー検査を行います。
妊娠12週

妊娠24週~ 妊娠糖尿病血糖検査、血液検査を行います。
妊娠20~24週では早産リスクや胎盤の位置を確認するために膣からエコーを行います。
妊娠24週

妊娠36週~ 産道細菌検査を行います。
B群溶連菌(GBS)の有無を確認するため培養検査を行います。
内診検査を行い、子宮口が開大していないかどうかをチェックします。
新生児GBS感染について >
妊娠36週

妊娠36~40週 赤ちゃんの心音とお腹の張りを観察するため、ノンストレステストを行います。
妊娠40週

※ノンストレステストとは・・・

 お腹の張り(以下 子宮収縮と言います)がない状態で、お腹に分娩監視装置(子宮収縮と赤ちゃんの心拍を測る機械)を付けて、赤ちゃんの胎動と心拍数、子宮収縮の状態を確認し、赤ちゃんの元気度を見ます。検査時間は大体40~60分くらいです。

お腹の赤ちゃんの遺伝相談(出生前遺伝カウンセリング)を受け付けています

 当院では安心して妊娠中、分娩前後の生活を送っていただくために、赤ちゃんに関する遺伝相談(出生前遺伝カウンセリング)を受け付けております。遺伝に関する専門の産婦人科医(臨床遺伝専門医)が、妊婦さんとご家族のさまざまなご相談に応じております。

曜日 月曜日~金曜日 13時00分~16時00分 随時
(手術、検査などで対応できない時間がございます)
料金 当院出産予定の方であれば健診料、受診料以外に特別な費用は頂いておりません。
相談例 ・高齢出産だけど自分や赤ちゃんは大丈夫だろうか
・持病があるけど妊娠出産に影響はないだろうか
・家族に生まれつきの病気を持った人がいるけど胎児と関係がないのだろうか
・出生前診断についてお話を聞いてみたい、検査の希望がある
・妊娠中に薬を飲んでしまったけど大丈夫だろうか  など
出生前遺伝カウンセリングについて 詳しく見る▼
本文はここまでです
ページの先頭へ