院内がん登録

院内がん登録とは…

 医療機関でがんと診断されたり治療されたりした、全ての患者さんのがんに関する情報を病院全体で集め、がん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。
 この調査は、国立がん研究センターで定められた全国共通の項目(年齢、性別、がんの部位など)を入力・集計しており、がん診療に関する病院の特徴がみえたり、病院間で比較することができます。

  • どのような経緯でがんが見つかっている?がん検診で発見された?他の病気の治療中に発見された?
  • 市立函館病院では、がんに対するどのような治療をしている?手術件数は多い?化学療法や放射線治療も行っている?
  • 市立函館病院では、どのようながん患者さんを多く見ている?

 このような事を、院内がん登録のデータから見ることができます。

 当院は、2005年8月より院内がん登録を開始し、2007年1月に「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けております。
 また、2016年1月に施行された「がん登録推進に関する法律」に基づいて、全国の病院と一部の診療所で必須となった「全国がん登録」の提出も行っております。

①国立がん研究センター がん情報サービス がん登録・統計
 https://ganjoho.jp/reg_stat/index.html

②北海道保健福祉部健康安全局 地域保険課 がん対策係 北海道のがん対策
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/gantaisakujyouhou.htm

院内がん登録情報の利用と提供について

当院で収集したがん登録情報は、下記の目的に利用・提供いたします。

  • 国立がん研究センターが実施する全国集計への情報提供
  • 全国がん登録における都道府県への情報提供
  • がん患者さんの生存率の計測、予後調査
    ※院内で予後情報の把握ができない場合は、各医療機関への照会や市町村への住民票照会による生存確認を行います。院内にもその旨の掲示をしておりますのでご確認下さい。(掲示文書)
  • 自院のがん診療の実施把握
  • がんに関する医療活動の評価資料(統計)の作成および提供
  • 診療活動の支援、研究、教育のための資料提供

 上記の利用目的に同意しがたいものがある場合は、その旨をお申し出ください。なお、院内がん登録は「がん登録等の推進に関する法律」に則って実施されています。その必要性から「個人情報保護に関する法律」の適応除外の事例に該当しますので、必要な情報の収集および情報提供の拒否はお受けしかねる場合があります。また、これに付随する調査への情報提供を行うことがありますが、院内がん登録の趣旨をご理解とご協力をお願いいたします。

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合せ下さい。

市立函館病院

医療企画センター 医事担当課 診療情報管理室
電話:0138-43-2000(内線 4235・4241)