感染管理室

 病院の感染管理推進を図るために設置された部門で、情報の把握および分析、迅速な問題解決に向けて現場をサポートし、感染管理に取り組んでいます。地域施設や行政との連携・相談窓口となり、地域活動にも寄与しています。また、院内各関係部署との連携および連絡調整を行い、活動に反映させています。感染管理室には専従の感染管理認定看護師(以下、CNIC)、薬剤師、専任の医師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師のほか、院長が必要と認める職員で構成される感染対策チームおよび抗菌薬適正使用支援チームを設置しています。


1.組織図


2.感染対策チーム Infection Control Team(以下、ICT)

 医療関連感染防止における諸対策の実践と推進を行っています。院長の直接的管理下にあり、 感染制御医師(以下ICD)、CNICが中心となる少人数で実働性の高い専門家チームです。医療安全管理室内に設置され、院長が一定の権限を委譲し、全ての職員に対して組織横断的に活動しています。全ての感染管理プログラム活動を推進するために、迅速的確な情報伝達と決断力を持ち、感染の早期発見と感染経路遮断などの活動を展開するため、ICT会議を週1回開催しています。


3.抗菌薬適正使用支援チーム Antimicrobial Stewardship Team(以下、AST)

 感染症治療の早期モニタリングとフィードバック、微生物検査・臨床検査の利用適正化、 抗菌薬使用に係る評価、抗菌薬適正使用の教育、啓発の実践と推進を行っています。院長の直接的管理下にあり、ICD、薬剤師が中心となる専門家チームです。医療安全管理室内に設置され、院長が一定の権限を委譲し、ICTと協同して組織横断的に活動するため、AST会議を週1回開催しています。