本文へスキップ 初期臨床研修のサブメニューへスキップ 病院へのお問い合わせなどフッダーへ移動

初期臨床研修

ホーム > 臨床研修のご案内 > 初期臨床研修

本文はここからです

プログラム概要

プログラム名称および責任者

プログラム名称 市立函館病院初期臨床研修プログラム
プログラム責任者職氏名 医療部長 酒井 好幸
研修開始時期 4月

臨床研修の理念

 医師としての人格をかん養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識し、一般的な診療において頻繁に関わる疾病に適切に対応できるよう基本的診療能力を身につける。

基本方針

  1. 患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立する
  2. 医療チームの構成員としての役割を理解し、保健・医療・福祉の幅広い職種からなる他のメンバーと協調する
  3. 患者の問題を把握し、問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける
  4. 患者および医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身につけ、危機管理に参画する。
  5. チーム医療の実践と自己の臨床能力向上に不可欠な症例呈示と意見交換を行う
  6. 医療の持つ社会的側面の重要性を理解し、社会に貢献する

臨床研修プログラム

年次報告資料

プログラム責任者から研修希望者へひとこと

 当院は、道南地方唯一の救命救急センターをもち、高度医療を担う基幹病院として日々の診療は多忙を窮め、研修医にも積極的に診療へ参加してもらっている。各科間の診療体制は協力的であり、研修医は所属する科以外の医学的知識・体験を豊かにすることができる。また、熱意ある指導医により開催される週に1度のレクチャー(サーズデイレクチャー)や症例検討会への参加は、研修医をより一層レベルアップさせるものと思う。病院スタッフと協調して活動してくれる諸君の応募を期待している。

研修実績・進路一覧

出身大学 北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学、弘前大学、秋田大学、自治医科大学、金沢医科大学、筑波大学、北里大学、杏林大学、広島大学、福岡大学、産業医科大学、獨協医科大学、昭和大学

令和2年度終了研修医進路 人数 出身大学
北海道大学病院 内科専門研修プログラム 1名 北海道大学
外科専門研修プログラム 1名 弘前大学
小児科専攻医プログラム 1名 北海道大学
札幌医科大学附属病院 救急科専門医研修プログラム 1名 札幌医科大学
内科専門研修プログラム 3名 札幌医科大学
大阪大学医学部附属病院 外科専門研修プログラム 1名 札幌医科大学

ページの先頭へ
本文はここまでです