本文へスキップ 病院へのお問い合わせなどフッダーへ移動

ホーム > 臨床研修のご案内 > 病院見学・実習について

病院見学・実習について

ここから本文です

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、病院見学の受け入れを制限していましたが、北海道のまん延防止等重点措置解除に伴い、今年度のマッチング対象者(6年生又は既卒)に限り見学を再開いたします。

なお、見学の際は下記事項をご確認のうえ、お申し込みください。

 1.大学が学外での見学を中止している場合は、受け入れできません。
 2.見学受け入れ前2週間以内に海外への渡航歴がある、または感染拡大地域※への移動歴がある場合は、受け入れできません。
 3.見学受け入れ前2週間以内に平熱+1度以上の発熱、風邪の症状がある場合は、受け入れできません。
 4.実習日前日から4週間以内に新型コロナウイルス陽性の既往歴がないこと。
  ※感染拡大地域:『緊急事態宣言』、『まん延防止等重点措置』発出地域

また、見学開始前に当院でのPCR検査をお願いする場合があります。
その際は別途ご連絡いたします。


 当院の初期・後期臨床研修に興味のある方を対象に随時病院見学・実習を行っております。実際の現場で指導医や研修医の先生方と触れ合うことで、当院での臨床研修を具体的にイメージしていただけると思います。
 見学・実習の内容は各診療科により異なりますが、研修医がローテート中の診療科では、基本的には研修医とともに活動することとなります。


対象者 【初期研修】医学部の学生
【後期研修】初期研修中の医師、初期研修を修了した医師
期間 随時(原則として土日・祝日を除く)
実習時間 9:00~17:00

注1)実習時間は各診療科の状況により変更になる場合があります。
注2)救命救急センターでは、土日も含め当直業務も実習可能です。救命救急センターでの実習は二次救急輪番日(3の倍数日)が望ましいです。
診療科 血液内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、小児科、神経内科、放射線科、消化器外科、乳腺外科、心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、産婦人科、耳鼻いんこう科、泌尿器科、形成外科、麻酔科、救命救急センター、臨床病理科

注)科によっては、診療の関係等で受け入れが難しい場合があります。事前にご相談下さい。
見学者への交通費助成 交通費(JR運賃)相当額を助成します。

助成額は在籍する大学所在地による既定額としますが、函館~札幌間のJR指定席往復割引運賃を上限額とします。
助成回数は年度内に1回までとします。また、支給に際して領収書等の提出は必要ありません。
助成を希望される方は、来院時に申請書を記載していただきます。その際に、印鑑(シャチハタ不可)が必要となりますので、忘れずにご持参ください。
宿泊 院内に見学者用宿泊スペース有り(無料)

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、バスタオル、ドライヤー、冷蔵庫をご用意しております。利用を希望される方はご相談ください。なお、見学者多数により、宿泊スペースを利用できない場合については、近隣の宿泊施設等をご紹介させていただきます。
お問い合わせ 函館市病院局管理部庶務課臨床研修担当
電話:0138-43-2000(内線4208)
FAX:0138-43-4434
E-mail:kanbyou-rinken@hospital.hakodate.hokkaido.jp
その他 夏休み・冬休み期間などは混み合うため、日程調整が必要となる場合がございます。皆様のご希望に沿えるよう、相談しつつ日程を調整させていただきますので、まずはお気軽にメールにてお問い合わせください。メールをいただきましたら、平日であれば一両日中に最初の連絡をさせていただきます。
また、年度末・年度始めには、医師の異動等により、見学をお受けできない場合があります。ご了承ください。
病院見学・実習申し込みフォーム 病院見学・実習申し込みフォームを開く
本文はここまでです
ページの先頭へ