ホーム 一般の方へのお知らせ

『災害時における医師派遣に関する協定』を
札幌医科大学附属病院と締結しました

調印式の様子
調印式の様子
左:市立函館病院 森下清文院長, 右:札幌医科大学附属病院 土橋和文院長

 当院と札幌医科大学附属病院は、令和元年11月6日(水)、札幌医科大学記念ホールにおいて、災害時における医師派遣に関する協定の調印式を行い、両病院の院長が協定書に署名いたしました。
 本協定は、昨年9月の北海道胆振東部地震の経験を踏まえ、災害時にどちらかの病院が被災した場合に、被災病院での勤務経験があって、地域や病院の事情を知る医師を迅速に派遣し、病院機能の維持と何よりも被災病院の医師の負担を軽減することを目的としております。
 災害拠点病院である当院にとって、本協定は、非常に心強いものであり、今後も地域の災害拠点病院として災害時の備えに取り組んでまいります。