ホーム 一般の方へのお知らせ > 新型コロナウイルス感染症の対応について > 当院での新型コロナウイルス入院対応について


当院での新型コロナウイルス入院対応について

 当院は専用外来を持つ感染症病棟(別棟)6床を持ち、病室は陰圧構造で病原体は病室外に出ない設計となっており、一般患者との導線も完全に区別されています。また、新型コロナウイルス感染症の患者が急増した場合においては、感染症病棟ではなく、本棟6階にある結核病棟(30床)で治療を行っております。本棟での院内感染対策としては、感染患者の移動に簡易陰圧装置を装着した車椅子の使用や距離を十分保てるように職員を配置するなどの対策を講じておりますので、ご安心願います。

<簡易陰圧装置>