HOME > ドクターヘリについて

道南ドクターヘリの運航について

ドクターヘリとは

ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターです。救急医療の専門医および看護師等が同乗して救急現場等に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療を行うことができる専用ヘリコプターです。

運航体制

  • 救命救急センターを有する市立函館病院が基地病院となります。
  • 基地病院は関係医療機関と連携・協力して、円滑な運航体制の確保に努めます。
  • ドクターヘリは、格納庫がある函館空港から出動します。
  • 傷病者が搬送される医療機関は、基地病院および函館市の二次輪番制度に基づいた医療機関、函館市以外の圏域内救急告示病院となります。
  • 運航時間

    原則として以下のとおりとなります。※日没等を考慮し変更することがあります。

  • 4月1日から9月10日まで-----午前9時から午後5時30分
  • 9月11日から9月30日まで----午前9時から午後5時
  • 10月1日から10月15日まで---午前9時から午後4時30分
  • 10月16日から1月31日まで---午前9時から午後4時
  • 2月1日から2月28日まで------午前9時から午後4時30分
  • 3月1日から3月20日まで------午前9時から午後5時
  • 3月21日から3月31日まで-----午前9時から午後5時30分
  • 運航に係る費用負担

    ドクターヘリの出動および搬送に係る傷病者負担は無料です。ただし、診療開始から搬送先医療機関への到着までの診療費用は、医療保険制度に基づき傷病者本人または家族の負担となります。

    出動要請から傷病者の搬送まで

    出動要請

    道南圏に所在する消防機関が119番通報を受信した時または救急隊が救急現場に到着した時に、「ドクターヘリ要請基準」に基づき医師による早期治療を要する症例と判断した場合、基地病院内に設置されているドクターヘリ運航管理室に出動要請を行います。

    出動

    要請を受けた運航管理室は、直ちに運航スタッフ(操縦士、整備士および医療スタッフ)に出動指令を出します。運航スタッフは、救急現場出動に必要な情報を把握し、要請から概ね5分以内に函館空港を離陸します。

    傷病者の搬送

    ドクターヘリ搭乗医師は傷病者の容態に応じて、搬送先の医療機関を選定します。運航管理室は、要請元消防機関・搭乗医師と連携して、搬送先医療機関へ傷病者の搬送通報を行います。

    道南ドクターヘリ運航要領

    ドクターヘリを円滑かつ効果的に運用するために必要な事項を定めたものです。
    道南ドクターヘリ運航要領(PDF)

    運航経費について

    道南ドクターヘリの運航経費には、国・道から補助がありますが,補助金でカバーできない支出は、渡島・檜山管内の18市町で負担するルールを設定しています。なお、ドクターヘリの取り組みは、定住自立圏形成協定の中で、圏域内における広域救急医療体制の充実を図るための事業として位置づけられています。

    定住自立圏構想のページ(函館市ウェブサイト)

    ▲ページトップに戻る